『Luys Milan: El Maestro II. Sonetos, Villancicos y Romances』 Montserrat Figueras/Hopkinson Smith

『Luys Milan: El Maestro II. Sonetos, Villancicos y Romances』
Montserrat Figueras & Hopkinson Smith


CD: Astrée/Auvidis
E 7777 (1990)
Made in France

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210705172957p:plain

 

EL MAESTRO (1536)
Tome II. Sonetos, Villancicos y Romances

1. Triste estava muy quexosa [Romance] 3:48
2. Leuay me amor [Villancico en portugues] 3:09
3. Gentil mia donna [Soneto en ytaliano] 1:59
4. Al amor quiero vencer [Villancico en castellano] 2:30
5. Sospirastes Baldovinos [Romance] 4:53
6. Agora viniesse un vento [Villancico en castellano] 1:33
7. Nova angeleta [Soneto (balada) en ytaliano] 1:24
8. Falai miña [Villancico en castellano] 1:00
9. Con pauor recordo [Romance] 5:13
10. Amor que tan bien sirviendo [Villancico en castellano] 3:12
11. Madonna per voi ardo [Soneto en ytaliano] 4:04
12. Quien amores ten [Villancico en portugues] 2:32
13. Durandarte [Romance] 4:22
14. Perdida teñyo la color [Villancico en portugues] 2:58
15. A quel cauallero madre [Villancico en castellano] 5:36
16. O gelosia d'amanti [Soneto en ytaliano] 3:00

Durée totale 53:00


Monserrat Figueras: soprano
Hopkinson Smith: vihuela de mano Joël van Lennep, Boston

Enregistrement réalisé en l'église romane de Saint Lambert des Bois, Yvelines, par Michel Bernstein et Nocolas Bomsel, en Juin 1984
Montage: Claire Luhan. Studio Pierre Vérany numérique
Production: Michel Bernstein
Coproduction Westdeutscher Rundfunk Köln WDR/Astrée

En couverture: Francesco Furini: Maddalena, ca. 1633 (détail)


◆本CD解説より(大意)◆

16世紀を通じて、スペインでも他のヨーロッパ諸国同様、撥弦楽器(ビウエラ、リュート、ギター、ハープ、さらにはハープシコード)の伴奏で歌う習慣が広まっていった。前世紀からすでに、器楽伴奏による歌は王侯貴族の娯楽になっていた。16世紀に最も影響力のあった作品の一つであるバルダッサーレ・カスティリオーネ教皇の大使としてスペインに赴いた)の『宮廷人』によれば、廷臣の教育と身嗜みの上で音楽は重要な役割を演じており、ビウエラ伴奏の歌は音楽における最も高尚な表現の一つであった。リュート曲集に歌曲をほとんど収めることがなかった他のヨーロッパ諸国のリュート奏者とは異なり、ビウエラ奏者は皆、声と楽器のための音楽に曲集の一章をまるごと捧げた。
最初のビウエラ曲集であるルイス・ミランの「Libro de Música de Vihuela de mano intitulado El Maestro」は、1536年にバレンシアで出版された。後続のカスティーリャのビウエラ奏者たちと違って、ミランは他の作曲家によるポリフォニー声楽曲のビウエラ用編曲は含めず、自作曲だけを提供している。


◆本CDについて◆

ブックレット(全24頁)に解説(Antonio Corona Alcalde)(原文スペイン語、仏・英・独訳併載)、歌詞(仏・英・独対訳併載)。ブックレット裏表紙に写真図版(モノクロ)1点。

モンセラート・フィゲーラス(ソプラノ)とホプキンソン・スミス(ビウエラ)によるルイス・ミランのビウエラ歌曲集。ホプキンソンのビウエラが織り成す緻密で繊細な鈍色の地紋に、フィゲーラスのソプラノの金糸が織り込まれて、典雅にして耽美的な音のつづれ織りが繰り広げられております。「El Maestro」の「I」はビウエラ独奏曲集ですが、それもホプキンソン・スミスの演奏で同じレーベルからリリースされています。

★★★★★

 

Al amor quiero vencer

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com