La Nef 『The Garden of Earthly Delights』

La Nef 『The Garden of Earthly Delights』
Le Jardin des délices


CD: Dorian Discovery/The Dorian Group Ltd., New York, U.S.A.
DIS-80135 (1995)
Printed in the U.S.A.

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210713025126p:plain


LA CRÉATION
CREATION
1. Ipse dixit (Thalassaki) (Anon.) 5:49

LE PARADIS TERRESTRE
EARTHLY PARADISE
2. Rose, liz, printemps, verdure (Guillaume de Machaut) 4:25

LE GARDIN DES PLAISIRS
GARDEN OF EARTHLY DELIGHTS
3. El Rey que tanto madruga (Anon.) (Bulgarie) 5:10
4. La Comida la mañana (Anon.) (Turquie) 2:57
5. Lunga Nahawend (Anon.) (Turquie) 4:53
6. Pesrev (Anon.) (Turquie) 2:38
7. Ën Këlohënu (Anon.) (Maroc) 3:05
8. Cave, Dominus videt (De tous bien playne) (Hayne) 1:30
9. Todo bueno tengo (Anon.) (Turquie) 2:00
10. Pesrev (Anon.) (Turquie) 2:19
11. Mignonne, allons voir si la rose (Anon.) 3:37

L'ENFER
THE INFERNO
12. Aurora (Anon.) (Espagne) 1:56
13. La Chançon des damnés / Deo confitemini (Anon.) 3:32
14. Aïdé (Anon.) (Grèce) 5:53
15.Cuando el Rey Nimrod (Anon.) (Israël) 3:47
16. Kurdilicaz longa (Anon.) (Turquie) 2:37
17. Comment qu'à moy lonteinne (Guillaume de Machaut) 2:09
18. Cave, Dominus videt (de tous bien playne) (Alexandre Agricola) 1:29
19. Es la pasión de Jesus / Lamentos de la ánimas (Anon.) (Espagne) 4:28

Total Program length: 64:04


La Nef
Sylvain Bergeron: lute, oud, saz, psaltery, voice
Danièle Forget: soprano
Claire Gignac: contralto, recorders, flute, bowed psaltery
Isabelle marchand: viola da gamba, bowed vielle, voice
Jean-Pierre Noiseux: santur, percussions, recorders, transverse flute, voice
Rafik Samman: voice, percussion, oud

Recorded at Saint-Alphonse-Rodriguez church, lanaudière (Quebec), April 1993
Session Producer: Jean Turgeon
Engineer: André DeFossez
Post Session Producer & Editor: Sylvain Bergeron
Mastering Engineer: Brian C. Peters
Booklet Preparation: Isabelle Marchand
Graphic Design: Kimberly A, Smith Co.
Executive Producer: Jean Turgeon

Conception and Musical Direction: Sylvain Bergeron
Artistic Direction: Sylvain Bergeron, Claire Gignac, Viviane LeBlanc

Cover: "Creation" (The Earthly Paradise). Left wing of the Pleasure Garden triptych by Hieronymus Bosch, c. 1450-1516.


◆本CD解説より(大意)◆

ヒエロニムス・ボスとその作品は、数世紀にわたる解読の試みにもかかわらず、いまだに神秘のオーラに包まれている。
ボスはすでに16世紀には高名で、ハプスブルク家出身のスペイン王フェリペ2世エスコリアルの寝室には「七つの大罪」が掛けられていた。オーストリア大公女マルグリットもボスの絵画を数点所有していた。「狂女」フアナの配偶者であったフェリペ端麗公は1504年に「最後の審判」をボスに注文している。
マドリードプラド美術館にある「快楽の園」は、一目でわかるように、膨大で敬虔なアレゴリーである。中央パネルには肉体の快楽に捧げられた巨大な構図が展開されていて、その左には原罪以前の地上の楽園が、右側には地獄の業火が控えている。三連祭壇画が閉じられると、パネルの外側にグリザイユで描かれた奇妙な球体があらわれる。球体のなかにあるのは神による創造直後の「世界」で、それがパネル内部に描かれている人間の運命への出発点である。
しかしながら「快楽の園」はこうしたアレゴリーを超えるものであり、ほとんどすべての細部に解読を誘う謎が込められているが、解読のための鍵は永遠にわれわれの手を逃れ去ってしまう。
ラ・ネフはリスナーが各々自分自身で「快楽の園」を横断されるよう、旅行案内としての音楽を提供する。収録曲はさまざまな時代と場所から選ばれていて、古代ギリシアの旋律がスペイン系ユダヤ人のロマンセと肩を触れあい、トルコ舞曲が中世・ルネサンスの宮廷恋愛歌とミックスされる。しかし一見、共通点のない要素が寄せ集められ(選択の基準はその曲のもつ表現力にかかっている)、組み入れられた合成画のなかでそれぞれが全体に貢献する――それこそがヒエロニムス・ボスの足跡を辿る、唯一のふさわしいやり方なのではなかろうか。


◆本CDについて◆

ブックレット(全28頁)に Alain Bergeron による解説(フランス語原文と英訳)、演奏者紹介(英・仏)、歌詞(原文と英・仏訳)、モノクロ図版11点(ボス4点、ラ・ネフ7点)。

ラ・ネフ「快楽の園」。ラ・ネフは1991年に結成されたケベック古楽アンサンブル。1993年にカナダの「Melodic」レーベルからリリースされたセカンドアルバムの再発(ジャケ違い)です。
本作は「ツァラトゥストラかく語りき」(リヒャルト・シュトラウス)ふうに始まるコンセプト古楽アルバムです。

★★★★★

 

Ipse Dixit (Thalassaki)

youtu.be


La Comida la mañana

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

leonocusto.blog66.fc2.com