『A Pleasing Melancholy』 Chelys Consort of Viols/Kirkby/Akers

『A Pleasing Melancholy』
John Dowland's Lachrimae Pavans and sundry sorrowful songs
Chelys Consort of Viols
Emma Kirkby: soprano
James Akers: lute


CD: BIS RecordsAB, Sweden
BIS-2283|SACD (2017)
Made in the EU

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210731050122p:plain


A PLEASING MELANCHOLY
The Lachrimae Pavans and other instrumental pieces by John Dowland (1563-1626), interspersed with songs by Dowland and his contemporaries

1. Lachrimae antiquae 4:10
2. Flow my tears 3:44
3. Lachrimae antiquae novae 4:00
4. Lie down poor heart (Robert Jones, c. 1577-1615) 4:23
5. If floods of tears 3:51
6. Lachrimae gementes 4:23
7. Lachrimae tristes 4:55
8. Mourn, mourn, day is with darkness fled 1:31
9. M. George Whitehead his Almand 1:29
10. What greater grief (Tobias Hume, c. 1579-1645) 3:39
11. Paduan 5:27
12. Volta 1:07
13. Sorrow, come [or 'Dowland's Sorrow'] (Dowland - arr. William Wigthorpe, c. 1570-c. 1610) 3:01
14. Eyes look no more (John Danyel, 1564-c. 1625) 3:19
15. Lachrimae coactae 4:18
16. Lachrimae amantis 4:42
17. My heavy sprite (Anthony Holborne, c. 1545-1602 - arr. Ibrahim Aziz) 2:33
18. If I could shut the gate against my thoughts (John Danyel) 5:09
19. Lachrimae verae 4:45

TT: 72:13


CHELYS CONSORT OF VIOLS (all tracks except 8)
Emily Ashton
Ibrahim Aziz
Jennifer Bullock
Alison Kinder
Sam Stadlen

Emma Kirkby: soprano (tracks 2,4,5,8,10,13,14,17,18)
James Akers: lute (all tracks except 10 & 13)

Recording: March 2016 at Girton College Chapel, Cambridge, England
Producer: Matthew Bennett
Sound engineer: Simon Eadon
Post-production:
Editing: Matthew Bennett
Mixing: Simon Eadon
Executive producer: Robert Suff


◆本CD解説より(大意)◆ 

 ジョン・ダウランドは「ラクリメ、または七つの涙」のアン・オブ・デンマークへの献辞で、悲嘆の涙に浸された作品集を示唆するようなタイトルではあるが、絶望と悲しみの涙だけでなく、喜びの涙や幸福、安堵の涙も交っていると言っている。
 「音楽がもたらすメランコリー(憂鬱)は心地よいメランコリーであって、それゆえに、嘆きや恐れや悲しみに暮れる満たされない者、意気消沈した者にとって、心痛を追い払い、悲嘆にあふれる心を切り替え、たちまちのうちに安らぎにみちびく特効薬なのである。」
 このロバート・バートンの「憂鬱の解剖 The Anatomy of Melancholy」(1621年)の一節は、音楽がそれをきく者に与える喜ばしい影響(たとえ悲しくなるような音楽であるとしても)という点で、ダウランドの献辞と軌を一にしている。チューダー朝末期からスチュアート朝初期のメランコリア・ブームは、ティモシー・ブライト Timothy Bright の「メランコリー論 Treatise on Melancholy」(1586年)をはじめとする著作を生み出し、特に文化的・文学的サークルでは、メランコリーに取りつかれているということがファッショナブルにさえなっていた。トーマス・フラー Thomas Fuller によると明るく陽気な人柄であったダウランドさえ、自分をメランコリー患者の最たるものだと考え、みずからの「不幸な運命 unhappy fortunes」を誇りに思い、「ラクリメ」出版以後、みずから「Jo: Dolande de Lachrimae」(ジョー、ラクリメの作曲者ドーランド」と署名するようになった。


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全36頁)にエピグラフ(ジョン・ダウランドラクリメ」のアン・オブ・デンマークへの献辞、英文)、Ibrahim Aziz による解説(英・独・仏)、James Akers による「A note about the lute in Dowland's *Lachrimae*」(英・独・仏)、演奏者紹介(英・独・仏)。ブックレット裏表紙に写真図版(モノクロ)1点。

チェリーズ・コンソート・オブ・ヴァイオルズにジェームズ・エイカーズ(リュート)が加わって、ジョン・ダウランドヴィオールとリュートのための合奏曲集「ラクリメ、または七つの涙」を中心に、ダウランドおよびその周辺のメランコリー歌曲(ソプラノはエマ・カークビー)を交えて演奏しています。

★★★★★


What Greater Grief

youtu.be

 

leonocusto.blog66.fc2.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com