カルメン・マキ&サラマンドラ 『カルメン・マキ&サラマンドラ』

カルメン・マキ&サラマンドラ』 
Carmen Maki and Salamandre 


CD: W-IN Records/(株)Bet-talis 
販売元: スリーディーシステム株式会社/株式会社プライエイド・レコーズ 
BJCW-1002 (2003年) 
定価¥2,500円(税抜価格¥2,381) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210912121126p:plain

 

1.Trick Star 5:36 
Words: 奥平イラ Music: 笹路正徳 
2.Lily was gone with windowpane 8:13 
Words: Carmen Maki Music: Carmen Maki、春日博文&吉田達二 
3.世界の果ての旅 14:21 
Words & Music: Carmen Maki 
4.OVER THE RAINBOW 9:56 
Words: E.Y. Harburg Music: Harold Arlen 
5.空と陸の交わったところ 8:56 
Words: Carmen Maki Music: 谷有益
6.変わらないもの 9:45 
Words: Carmen Maki Music: Yuji Katsui 


Carmen Maki: Vocal 
鬼怒無月: Electric Guiter on M1,3,4,5、Acoustic Guiter on M1,2,3,5、12 String Acoustic Guiter on M6、Bandolin on M6 
勝井祐二: Electric Violin、Chorus on M1 
芳垣安洋: Drums & Percussion 
松永孝義: Electric Bass & Acoustic Bass 

Recorded at GOK SOUND 
Recorded, Mixed & Mastered Engineer: 近藤祥昭 
Guiter Sound Coordination: 持丸“CJ”悟志 

Painting: 恒松正敏 
design: 細野健 
Photography: 御野弘(IPA) 
Executive Producer: 小島紳次郎 
Supervisior: 片桐たかし 

All Songs Produced & Arranged by SALAMANDRE 


◆本CDについて◆ 

透明ジュエルケース。ブックレット(全12頁)にトラックリスト、歌詞、クレジット。

カルメン・マキはあのカルメン・マキですが、「サラマンドラ」とは何かというと、アヴァンギャルドジャズプログレバンド「ボンデージ・フルーツ」のヴァイオリニスト勝井祐二とギタリストの鬼怒無月、同じくアヴァンギャルドジャズプログレバンド「アルタード・ステーツ」のドラマー芳垣安洋、そしてPhew(あのPhew)のパンクバンド「アーント・サリー」時代の朋友Bikkeのバンド「ラヴジョイ」のベースを務める松永孝義という、そういうメンバーによるバックバンドですが(ジャケはフリクションのギターの恒松正敏による絵画作品)、ビッグネームに遠慮することなく本来のスタイルで演奏していて、長尺の#3などは中間部でアヴァンギャルドインプロヴィゼーションが展開されていますが、それに負けないカルメン・マキのデビュー以来一貫して「変わらない」存在感と姿勢はさすがです。

ウィキペディアによると、「象徴としてのサラマンダー(サラマンドラ)は、苦難に負けずに貫き通される信仰や熱情にとらわれない貞節、善なる火を燃え上がらせ悪なる火を消し去る正義を表すとされた」。

「何度でも死んで 何度でも生き返りたい」
(「変わらないもの」)

これはむしろ「フェニックス」の属性ですが、「中世アラビアでは炎の中に生きる伝説の動物サラマンダーとフェニックスが混同され、サラマンダーが鳥となったものがフェニックスだとされていたという」(ウィキペディアより)。

★★★★★ 


Lily was gone with windowpane

youtu.be

変わらないもの

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com