高柳昌行  『Eclipse/侵蝕』

高柳昌行 
Masayuki Takayanagi and New Direction Unit 
Eclipse/侵蝕』 


CD: P.S.F. Records 
ISKRA-001/PSFD-8025  
¥2,940(税込)

f:id:nekonomorinekotaro:20210928041718p:plain

 

1. First Session 1 (gradually projection)  10:47
2. First Session 2 (gradually projection)  9:07
3. Second Session (mass projection)  25:23

Personnel 
Masayuki Takayanagi (el-g) 
Kenji Mori (as, fl, recorder) 
Nobuyoshi Ino (el-b) 
Hiroshi Yamazaki (ds, perc

Recorded on March 14, 1975 at Tokyo 

Producer: Satoru Obara / Yoshiaki Kamei 
Engineer: Mikio Aoki 
Photograph, Cover Design: Kazuharu Fujitani 

Produced by NIHON GENDAI JAZZ ONGAKU KENKYUKAI (Society in Japan, research in contemporary, jazz and music) 


◆本CDについて◆ 

紙ジャケ(シングルジャケ)仕様。インサートにAlan Cummingsによるライナー(英文)。

1975年にIskra Recordsから100枚限定でリリース(ISKRA-001)されたLPの初CD化。いわゆる「幻の名盤」ですが、「幻の名盤」の謳い文句になんど騙されたことか、とはいえ、本作は正真正銘、掛け値なしの幻の名盤であって、「幻の名盤」が本当に名盤であったりすると、喜ばしい反面、それが不当に「幻」化されてしまったことに対する嘆かわしさもあって複雑です。
メンバーは高柳昌行エレキギター)、森剣治(アルト、フルート、リコーダー、とクレジットにはありますが、バスクラも使っています)、井野信義(エレキベース、とクレジットにはありますが、アルコベースも使っています)、山崎弘(ドラムス、パーカッション)。
ベースとギターが生み出す原初の闇の不穏なうねりはただごとではないです。ジャズ・ファンよりむしろキング・クリムゾンのファンがきくべきCDでしょう。
録音は1975年3月14日で、同年4月~5月には同一メンバーで同じく幻の名盤『April is the cruellest month』が録音されています。

★★★★★ 

 

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com