『《スピーク・ロウ》 オッター・シングス・クルト・ヴァイル』  アンネ・ソフィー・フォン・オッター/ジョン・エリオット・ガーディナー

『《スピーク・ロウ》 オッター・シングス・クルト・ヴァイル』 
アンネ・ソフィー・フォン・オッター/ジョン・エリオット・ガーディナー 
Speak Low 
Songs by Kurt Weill 
& The Seven Deadly Sins 
Anne Sofie von Otter - John Eliot Gardiner 


CD:  ポリドール株式会社 
POCG-1805 (1994年) 
¥3,000(税込)(税抜価格¥2,913) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211010020927p:plain

 

クルト・ヴァイル Kurt Weill (1900-1950) 

七つの大罪〉 33:58 
Die sieben Todsünden 
歌唱つきバレエ 
Ballet chanté 
台本: ベルトルト・ブレヒト 
Text by Bertolt Brecht (1898-1956) 
初演: 1933年6月7日 パリ、シャンゼリゼ劇場 
Première: Paris, Théâtre des Champs-Elysées, 7 June 1933 
ソプラノのための 
Version for high voice 
1.プロローグ「妹と私はルイジアナの出」 3:24 
Prolog "Meine Schwester und ich stammen aus Louisiana" 
[アンナ]
(Anna) 
2.第1曲 怠惰「うちのアンナにもしっかりして貰いたいものだ」 3:47 
No.1 Faulheit "Hoffentlich nimmt sich unsre Anna auch zusammen" 
[家族] 
(Familie) 
3.第2曲 高慢「私たちは支度を整え」 4:19 
No.2 Stolz "Als wir aber ausgestattet waren" 
[アンナ、家族] 
(Anna, Familie) 
4.第3曲 立腹「これではことは捗らない!」 4:00 
No.3 Zorn "Das geht nicht vorwärts!" 
[家族、アンナ] 
(Familie, Anna) 
5.第4曲 大食「フィラデルフィアから便りがあった」 2:58 
No.4 Völlerei "Da ist ein Brief aus Philadelphia
[家族] 
(Familie) 
6.第5曲 姦淫「私たちはボストンで男を見つけた」 5:38 
No.5 Unzucht "Und wir fanden einen Mann in Boston" 
[アンナ、家族] 
(Anna, Familie) 
7.第6曲 貪欲「新聞のこの記事によると、アンナは」 2:57 
No.6 Habsucht "Wie hier in der Zeitung steht, ist Anna" 
[家族] 
(Familie) 
8.第7曲 嫉妬「旅の最後の都会は、サンフランシスコでした」 5:06 
No.7 Neid "Und die letzte Stadt der Reise war San Francisco" 
[アンナ、家族] 
(Anna, Familie) 
9.エピローグ「こうして私たちはルイジアナに帰ってきた」 1:50 
Epilog "Darauf kehrten wir zurück nach Louisiana" 
[アンナ] 
(Anna) 

《闇の女》より2つの歌 
Two Songs from "Lady in the Dark" 
作詩: アイラ・ガーシュウイン 
Lyrics by Ira gershwin 
初演: 1941年1月23日 ニューヨーク、アルヴィン劇場 
Première: New York, Alvin Theatre, 23 January 1941 
10.マイ・シップ 2:42 
My Ship 
11.人生は一度だけ 3:01 
One Life to Live 

ピアノ伴奏の2つの歌 
Two Songs with Piano 
12.夜勤シフトの相棒に 2:09 
Buddy on the Nightshift 
1942年・作詩: オスカー・ハマースタイン2世 
1942 - Lyrics by Oscar Hammerstein II 
13.ナナの歌 4:02 
Nanas Lied 
1939年・作詩: ベルトルト・ブレヒト 
1939 - Lyrics by bertolt Brecht 

《ハッピー・エンド〉より3つの歌 
Three Songs from "Happy End" 
作詩: ベルトルト・ブレヒト 
Lyrics by Bertolt Brecht 
初演: 1929年9月2日 ベルリン、シフバウアーダム劇場 
Première: Berlin, Schiffbauerdamm, 2 September 1929 
14.ビルバオ・ソング 4:27 
Bilbao-Song 
15.スラバヤ・ジョニー 6:01 
Surabaya-Johnny 
16.難儀の歌 1:06 
Das Lied von der harten Nuß 

ピアノ伴奏の3つの歌 
Three Songs with Piano 
17.あんたを愛してないわ 4:29 
Je ne t'aime pas 
1934年・作詩: モーリス・マーグル 
1934 - Lyrics by Maurice Magre 
18.シッケルグルーバー 2:51 
Schickelgruber 
1942年・作詩: ハワード・ディーツ 
1942 - Lyrics by Howard Dietz 
19.別れの手紙 3:25 
Der Abschiedsbrief 
1933年・エーリヒ・ケストナーにもとづく詩 
1933 - Text after Erich Kästner 

《ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス》より3つの歌 
Three Songs from "One Touch of Venus" 
作詩: オグデン・ナッシュ 
Lyrics by Ogden Nash 
初演: 1943年10月7日 ニューヨーク、インペリアル劇場 
Première: New York, Imperial Theatre, 7 October 1943 
20.愚かな心 2:28 
Foolish Heart 
21.スピーク・ロウ 3:59 
Speak Low 
22.私自身が他人みたい 3:13 
I'm a Stranger Here Myself 


アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ) 
Anne Sofie von Otter, Mezzo-soprano 
ジェイムズ・シムズ(テノールⅠ) 
James Sims, Tenor I 
カール=ハインツ・ランペ(テノールⅡ) 
Karl-Heinz Lampe, Tenor II 
クリストフリート・ビーブラハ(バリトン) 
Christfried Biebrach, Baritone 
フレデリック・マーティン(バス)[母親] 
Frederick Martin, Bass (mother) 
ジョン・エリオット・ガーディナー(ヴォーカル #11) 
John Eliot Gardiner (Vocal #11) 

ベンクト・フォシュベリ(ピアノ) 
Bengt Forsberg, Piano 
北ドイツ放送交響楽団 
NDR-Sinfonieorchester 
指揮: ジョン・エリオット・ガーディナー 
Conductor: John Eliot Gardiner 

録音: 1993年9月 ハンブルク=ハールブルク 


◆本CDについて◆ 

ブックレット(本文32頁)にトラックリスト&クレジット、岩淵達治による解説(「歌手について」「曲目について」)、歌詞対訳(「七つの大罪」は歌崎和彦訳、その他は岩淵達治訳)、写真図版(モノクロ)1点。

メゾ・ソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッターによるクルト・ワイル(ヴァイル)作品集(「七つの大罪」全曲とソング13曲)。
オーケストラ伴奏による「スピーク・ロウ」は頽廃的でよいです。
指揮のジョン・エリオット・ガーディナーがフォン・オッターにワイルを歌うように勧めたということで、ガーディナー自身もミュージカル曲「人生は一度だけ」の男声パートで歌を披露しています。

★★★★★ 


Speak Low

youtu.be

One Life to Live

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com