『The Etchingham Steam Band』 

『The Etchingham Steam Band』 


CD: Fledg'ling Records, London 
FLED 3002 (1995) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211129130101p:plain


1.Hard Times Of Old England  4:25 
2. Leapfrog / Young Collins / Shooting  3:10 
3. The New Rigged Ship / Atholl Highlanders  2:21 
4. Gaol Song  3:53 
5. Horn Fair  3:32 
6. Some Tyrant Has Stolen My True Love Away  3:19 
7. Come All You Little Streamers  2:54 
8. Sheep-shearing / Buttered Peas  2:20 
9. The Sussex Carol  3:39 
10. Adderbury Wassail Song  1:32 
11. Grandmother's Dance / Grandfather's Dance  2:29 
12. Bonny Kate  4:06 
13. The Little Gypsy Girl  2:53 
14. Black Joker  1:21 


Shirley Collins: vocals, hobby horse 
Vic Gammon (#1-4,6,8-13): vocals, concertina, melodeon, banjo 
Ian Holder: accordion 
Ashley Hutchings: acoustic bass guitar, vocals, tambourine 
Terry Potter (#5,7,8,14): mouth organ 
with 
Mel Dean (#9,11,12): concertina 
Will Duke (#9): concertina 
Dave Mattacks (#11,12): snare drum 

#1-4: 1975 Lenzburg Folk Festival, Switzerland 
#5,7,14: 1974 Norwich Folk Festival 
#6,10: 1975 December, 'Nova Scotia' Bristol 
#8: 1974 October London 
#9: 1974 December Cecil Sharp House London 
#11-12: 1975 July, Lewes Folk Day, afternoon session 
#13: 1975 July, Lewes Folk Day, evening session 

All titles are Trad Arr Etchingham Steam Band 
Coacophony Music / Really Wicked Music 

Digital edit and compilation by Ian Lynn @ Tangmere 
Mastered by Denis Blackham @ Porky's, London 


◆本CDについて◆ 

アシュリー・ハッチングス&シャーリー・コリンズ夫妻(当時)によるアコースティック・プロジェクト、エッチンガム・スティーム・バンド(1974-1975年)の未発表&ライブ音源集。

透明ジュエルケース。ブックレット(全12頁)にライナーノーツ(Shirley Collins/Vic Gammon)、「Some memories of the Etchingham Steam Band, 1974-1976」(Terry Potter)、トラックリスト&クレジット、写真図版(モノクロ)9点。インレイにトラックリストと写真図版(モノクロ)1点。インレイ内側(トレイ部分)に写真図版(モノクロ)1点。

エッチンガムは当時アシュリー・ハッチングスとシャーリー・コリンズが住んでいた東サセックスの小村の名前で、オイルショックの影響で電気楽器を使っていないから電気以前の「Steam」(蒸気)バンドで、初期のギグはローソクの明りで行われた、とシャーリー・コリンズのライナーノーツ(1995年)にあります。アシュリー・ハッチングスはスチームバンドを口実に購入したアコースティック・ベースを演奏しています。
シャーリーのクレジットに「hobby horse」とあるのは、英国の伝統舞踊モリス・ダンスに使われる棒馬(棒に馬の頭がついたもの/あるいはハリボテの馬)のことですが、シャーリーは子どもの棒馬に鈴(Morris bells)をたくさん付けたものを舞台に持って出たが、演奏中に鈴が取れて落ちまくったということで、インレイに棒馬を持ったシャーリーの写真が掲載されています。
エッチンガム・スティーム・バンドはシャーリー・コリンズの1974年のベスト盤『A Favourite Garland』(Deram SML 1117)にスタジオ・トラック「Mistress's Health / Lumps Of Plum Pudding / Sherborne Jig / Spaniards Cry」が収録されただけで(本CDには未収録)消滅してしまいました。
本CDは#8以外はライブ録音で、音質はあまりよくないですが、それほど悪くもないです。#1はスティーライ・スパンのロック調の演奏(1975年のシングル曲、『All Around My Hat』収録)でおなじみですが、スティーム・バンドのヴァージョンはのどかなワルツになっています。
#1、5、7、12、13はシャーリー・コリンズがリード・ヴォーカル。#4はヴィック・ギャモンのリード・ヴォーカル。#6、9、10は合唱。#2、3、8、11、14は演奏のみです。

★★★★★ 


Hard Times of Old England