Tim Hart & maddy Prior  『Heydays: The Solo Recordings 1968-76』

Tim Hart & maddy Prior 
『Heydays: The Solo Recordings 1968-76』 


CD: Castle Music / Sanctuary Records Group Ltd. 
CMDDD809 (2003) 
Made in the EU 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211201044702p:plain


DISC ONE 

FOLK SONGS OF OLDE ENGLAND - VOL. 1 
Released in 1968 on TeePee (TPRM102) 

1. Lish Young Buy-A-Broom (Trad. Graham, Arr. Hart)  3:05 
2. Adieu Sweet Lovely Nancy (Trad. Arr. Hart)  2:38  
3. Maid That's Deep In Love (Trad. Arr. Hart)  4:12 
4. The Rambling Sailor (Trad. Arr. Hart)  2:26  
5. Bruton Town (Trad. Arr. Hart)  4:17 
6. Farewell Nancy (Trad. Arr. Hart)  2:08 
7. The Dalesman's Litany (Keddie, Trad. Arr. Hart)  4:53 
8. The Brisk Butcher (Trad. Arr. Hart, Prior)  2:50 
9. The Stately Southerner (Trad. Arr. Hart)  2:27 
10. Who's The Fool Now (Ravenscroft, Trad. Arr. Hart)  2:36 
11. A Wager, A Wager (Trad. Arr. Hart)  2:39 
12. Babes In The Wood (Trad. Arr. Hart)  2:24 
13. Adam And Eve (Trad. Arr. Hart, Prior)  0:56 

Maddy Prior: vocals, 5-string banjo 
Tim Hart: vocals, guitar, fiddle, banjo 
Engineer and producer: Tony Pike 


FOLK SONGS OF OLDE ENGLAND - VOL. 2 
Released in 1969 on TeePee (TPRM105) 

14. My Son John (Trad. Arr. Hart, Prior)  1:31
15. Earl Richard (Trad. Arr. Hart, Prior)  4:00 
16. Paddy Stole The Rope (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:11 
17. The Gardener (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:40 
18. Bay Of Biscay (Trad. Arr. Hart, Prior)  2:25 
19. Queen Eleanor's Confession (Trad. Arr. Hart, Prior)  4:51 
20. Horn Of The Hunter (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:02
21. Copshawholme Fair (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:58 
22. Oats And Beans (Trad. Arr. Hart, Prior)  0:45 
23. Fiddler's Green (Conolly)  4:11 
24. Capt. Wedderburn's Courtship (Trad. Arr. Hart, Prior)  4:15  
25. Turkey Rhubarb (Trad. Arr. Hart, Prior)  0:43 
26. Bold Fisherman (Trad. Arr. Hart, Prior)  2:50 

Maddy Prior: vocals, 5-string banjo 
Tim Hart: vocals, guitar, fiddle, banjo 
Engineer and producer: Tony Pike 


DISC TWO

SUMMER SOLSTICE 
Released in 1971 on B&C (CAS1035) 

1. False Knight On The Road (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:00 
2. Bring Us In Good Ale (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:50 
3. Of All The Birds (Ravenscroft, Arr. Hart, Prior)  0:55 
4. I Live Not Where I Love (Trad. Arr. Hart, Prior)  4:23 
5. The Ploughboy And The Cockney (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:39 
6. Westron Wynde (Trad. Arr. Hart, Prior)  0:30 
7. Sorry The Day I Was Married (Trad. Arr. Hart, Prior)  1:28 
8. Dancing At Whitsun (Trad., Marshall Arr. The Copper Family, Collins, Collins)  3:40 
9. Fly Up My Cock (Trad. Arr. Hart, Prior)  1:45 
10. Cannily Cannily (MacColl)  2:25 
11. Adam Catched Eve (Trad. Arr. Hart, Prior)  0:24 
12. Three Drunken Maidens (Trad. Arr. Hart, Prior)  2:17  
13. Serving Girls Holiday (Trad. Arr. Hart, Prior)  3:40 

Maddy Prior: vocals 
Tim Hart: vocals, guitar, dulcimer, harmonium, psalter, tabor 
Andy Irvine: mandolin 
John Ryan: string bass 
Gerry Conway: percussion, bells 
Pat Donaldson: electric bass 
Robert Kirby: string arrangement on 'Dancing At Whitsun' 
Engineers: Jerry Boys, Vic Gamm, Roger Mayer 
Producer: Sandy Roberton for September Productions Ltd 


Design: Becky Stewart @ Hi-Hat 
Project Co-ordinators: Steve Hammonds & Nick Bourne @ Sanctuary Records Group 
Sleevenotes: Geoff Wall 
Mastering: The Town House 


◆本CD解説(Geoff Wall)より大意◆ 

マディ・プライア: ブラックプールイングランド北西部ランカシャー、リゾート地)で生まれたけれど11歳のときに父の仕事(警察もののドラマの脚本を書いていた)の都合でセント・オールバンズ(ロンドン郊外)に引っ越してきた。小さな家に住んでいたので何かというと静かにしろと言われていたので音楽どころではなかった。兄に連れられて早くからクラブに出入りするようになった。最初はジャズ・クラブで、それからフォーク・クラブに行くようになった。仲間にはドノヴァンやマック・マクラウドがいた。最初は黒人霊歌やピーター・ポール&マリーから入って、キャロリン・ヘスター、それからジョーン・バエズやディランをきくようになった。アメリカから来る歌手の運転手の仕事をするようになって、カントリー音楽のサンディ&ジニーからイギリスのトラディショナル・ソングのテープをきかされた。その後しばらくしてティムに出会った。

ハート: 父が牧師だったのでセント・オールバンズの聖歌隊で歌うようになって、ピアノを習い、12歳でギターを手にした。学校でロックバンドを結成した。同じ学校の先輩バンドにゾンビーズがいた。ソロで正式にフォーク・クラブで演奏したのは1966年になってから。学校を中退してからはミュージシャン一筋で、定職に就いたことはない。マディとはセント・オールバンズのパブで出会って、1966年12月のハロゲイトで演奏したのを皮切りに、二人でフォーク・クラブを巡るようになった。
1967年にビッグ・テオ・ジョンソンからTeePeeレコードのトニー・パイクに紹介されて、『Folk Songs Of Olde England Vol. 1』をたった3時間でモノラル録音した。

プライア: タイトルを『Folk Songs Of Olde England』にするなら、「第一集(volume 1)」と付けてくれるのでなければいやだと言った。それで同意して二枚のLPを作った。演奏がそのままレコードになった。『Vol. 1』ではレコーダーは一台だったけれど、『Vol. 2』では二台使ったので、多重録音ができるようになった。

ハート: 『Vol. 2』は2日間かけてステレオ録音した。今ではスタンダードになっている「Fiddler's Green」は作者のJohn Conollyが我々にくれた曲で、録音されたのはこのLPが最初だった。

その後二人はスティーライ・スパンを結成する。『Summer Solstice』の録音はスティーライの『Please To See The King』と並行して行われた。今回は二人の他にアンディ・アーヴァイン(スウィーニーズ・メン、のちプランクシティ)、ジョン・ライアン、ジェリー・コンウェイ(エクレクション、スティーライ・スパン、フォザリンゲイ、のちジェスロ・タル、フェアポート・コンヴェンション)、パット・ドナルドソン(フォザリンゲイ)が加わり、「Dancing At Whitsun」ではロバート・カービー(ニック・ドレイクヴァシュティ・バニヤン、シェラ・マクドナルド)がストリング・アレンジメントを担当している。


◆本CDについて◆

ブックレット(全12頁)にGeoff Wallによる解説、トラックリスト&クレジット、モノクロ写真図版(ティム&マディ)2点、カラー図版(LP・CDジャケット)7点。

マディー・プライア&ティム・ハートの三枚のアルバム『Folk Songs Of Olde England Vol. 1』(1968年)、『Vol. 2』(1969年)、『Summer Solstice』(1971年)を二枚組CDに収めたコンピレーション盤(ディスク1が『Folk Songs』全曲、ディスク2が『Summer Solstice』全曲)。
三枚ともすでに別のレーベルでCD化されていますが、本CDでは音質が向上してクリアになっているのでよいです。
ただ、疑問点もあって、収録作はマディとティムのDuoによる1968-71リリース作なのに、なぜサブタイトルが「The Solo Recordings 1968-76」なのか。さらにいえばブックレットに掲載されているジャケ画像で『Folk Songs』の「Original sleeve」とあるのはオリジナルではなく再発LP(Mooncrest)、『Summer Solstice』の「Original sleeve」とある画像も再発LP(Shanachie)です。

★★★★★