幻の猫たち 改訂版

まぼろしの猫を慕いて

Julie Tippetts  『Shadow Puppeteer』 

Julie Tippetts 
『Shadow Puppeteer』 


CD: La Cooka Ratcha 
Marketed & Distributed by Voiceprint 
LCVP101CD (1999) 

 

 

1. Debris Collection (Voices and Metal Bowl)  3:12 
2. Feathered Fragment (Voice and Recorders)  2:11 
3. Song of Solidarity (Voices)  2:33 
4. Out of the Fire (Voices, Zither and Thumb Pianos)  8:52 
5. Reflection (Thumb Pianos)  0:41 
6. Lament (Voices)  4:18 
7. What Is? (Voices and Tambourine)  3:02 
8. Torch Song (Voices)  6:52 
9. Passion and the Butterfly Kiss (Voices and Wind Chimes)  3:42 
10. Hundred Waters (Wind Chimes)  4:20 
11. Dream Dance (of the Purple Shadow) (Voices)  2:56 
12. Shadow Puppeteer (Voices and Finger Clicks)  4:44 
13. Midnight Shuffle (Mandolin, Voices, Er-Hu, Recorders and Thumb Pianos)  4:44 
14. Dalinian Landscape (Voices and Zither)  6:13 
15. Autumn Lullaby (Voices)  4:17 
16. Candle Dance (2 Thumb Pianos)  4:39 
17. Into the Forest (Voices, Zithers and Bells)  6:10 
THE END (A butterfly is as symbol of the immortal soul) 


All compositions by Julie Tippetts 
Recording engineer/Producer - John Tippet 
Cover artwork by Inca and Julie Tippetts 
Chris Thorpe at Serendipity - CD Pre-mastering 
Andy Allpass - Dat Mastering 


◆本CDについて◆ 

ジュエルケース(透明トレイ)。インレイにトラックリスト。ブックレット(全8頁)にSteve Dayによるライナーノーツ、Julie Tippettsによる謝辞、「Shadow Puppeteer」ストーリー、クレジット。

ジュリー・ティペッツが3年がかりで完成させた、声と楽器の多重録音による音の影絵芝居。1976年の『Sunset Glow』以来23年ぶりのソロ作です。ジャケの切り絵は娘インカとのコラボレーション(インカが蝶を、ジュリーが羽毛を担当)。

そこでストーリーですが、主人公は放浪の少女イーシャ(Esha)。彼女が丘に登って眺めると、機械が発する金属音とともに地霊のような者たちが勤勉に働いて、何の役にも立たない物品を次々に生産しては積み上げている(#1)。がらくたの山から一本の美しい羽毛が風に飛ばされてくる。鳥たちが集まり、羽毛と戯れる。その光景に見惚れていたイーシャは、羽毛を拾い上げて髪に差す(#2)。彼女は旅を続ける。想い出と経験が増えていく。新しい友人たちとの出会いと別れ。彼女はボートに乗って一人岸を離れて行く(#3)。ボートは炎に包まれる。水中の生き物たちが馳せ参じて水を掛ける。イーシャは湖に落ちる。生き物たちは彼女のために筏を作る。ボートの残骸から天使の姿が現われ、恐怖心は消える。岸に辿り着き、生き物たちは去る。彼女は体の片側だけ火傷していた(#4)。回想(#5)。広漠たる焦土。雲。日没。木。灰塵に芽吹く種。彼女は回復する(#6)。踊る子どもたち。行列。カーニバルの雰囲気の中で彼女は人形使い(puppeteer)に出会う。彼は彼女の傷を見て美しいと思う。夜、二人は木の下で眠る(#7)。目覚め。ロマンス。夜、釣りに出かける彼に彼女はお守りとして羽毛を与える。彼女は彼の帰りを待つ(#8)。彼女は美しい庭園で時を過ごす。鳥たち、蝶たち、虫たち。小さな滝。待ちながら彼女は眠る(#9)。夢と瞑想。パステルカラーの霧の中。滝の水による浄化(#10)。彼女は彼の帰還を夢に見る(#11)。人形使いはもどらない。イーシャは自分を影絵芝居の人形のように思う(#12)。待ち続ける彼女を夜の魔物たち(mischievous spirits)がからかい、火傷の跡を嘲笑する(#13)。彼女は出立を決意する(#14)。小人の家族に出会い、家に招待される。赤ん坊が生まれたお祝い。しかし自分はよそ者であると感じた彼女は家を抜け出る(#15)。家族団欒をうらやみ、彼らの幸福を喜びつつ、彼女は去る(#16)。森の中へ。雨が彼女の傷を癒す。ここなら安心。誰にも見られず、誰にも嘲笑されることはない。彼女は木にもたれ、木の葉ごしに空を眺める。羽毛が風に舞っている。人形使いが戻って来たのだろうか。美しい蝶が現われ、満月を背景に羽毛と蝶はまるで影絵芝居の人形(shadow puppets)のようだ。

★★★★★

 

 

 

 

AYUO  『ユーラシアン・ジャーニー』 

AYUO 
『ユーラシアン・ジャーニー』 
Songs from a Eurasian Journey 


CD: Victor Entertainment 
ビクター・エンターテインメント株式会社 
VICG-60011 (1999年) 
定価¥3,045(税抜価格¥2,900) 

 


帯文: 

「1500年前、中東から中国、日本に伝わり、正倉院に現存する日本最古の楽譜を、AYUOがロックビートに乗せ現代に甦らせた。」
「ブズーキ、ケルトハープ、プサルトリーの音色も絶妙にミックス。時代、国境、民族を越えたアルバム。」
「〔参加ミュージシャン〕 
ピーター・ハミルEPO、イーファ・ニ・アーリ 
デビッド・ロード、デイブ・マタックス 
ダニー・トンプソン、他
〔カバーアート〕横尾忠則


1. Arise My Love  7:23 
Music/Ayuo 
Lyrics/Ayuo 
Vocal/Ayuo 
Keyboard Bass/Dave Mattacks 
Drums/Dave Mattacks 
Cho/Yoko Ueno 
Keyboards Programing (Pad)/Shintaro Ashizawa 
Acoustic Guitar/Ayuo 
Celtic Harp 
Sitar Guitar 

2. 詩人の恋 (The Poet's Love)  6:18 
Music/Ayuo 
Lyrics/EPO 
Vocal/EPO 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Keyboards Programing (Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Ayuo Bouzouki/Ayuo 
E-Bow Guitar 
Sitar Guitar 
Acoustic Guitar 
Tambourine 
Shaker 

3. Floating Dream  7:28 
Music/Ayuo 
Lyrics/Ayuo 
Vocal/Aoife Ni Fhearraigh 
Bass/Danny Thompson 
Drums/Dave Mattacks 
Keyboards Programing (Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Celtic Harp/Ayuo 
E-Bow Guitar 
Ayuo Bouzouki 
Acoustic Guitar 
Psaltery 

4. Nava  0:53 
5. Perfumed Scorpion  2:03 
6. Layla~interlude  3:49 
7. My Gazelle  2:51 
8. Persian Suite:  4:27 
 Reng in Homayun 
 Jazz Break 
 Reng in Homayun II 
 The Apricot Seller 
 Sheydai 
 Nava II 
Music/Ayuo 
Lyrics/Peter Hammill 
Vocal/Peter Hammill 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Cho/Yuko Nakajima 
Keyboards Programing (Chorus Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Ayuo Bouzouki/Ayuo 
Chorus 
Tin whistle 
*M4~M8 (Medley) 

9. Wrong Footed  3:40 
Music/Ayuo 
Lyrics/Peter Hammill 
Vocal/Peter Hammill 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Acoustic Gutiar/Ayuo 
Koto 
Celtic Harp 
Psaltery 
Sitar Guitar 

10. The Lamia  6:29 
Music/Genesis 
Lyrics/Genesis 
Vocal/Ayuo 
Drums/Dave Mattacks 
Keyboards Programing (Samba Loop, Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Acoustic Guitar/Ayuo 
Elect. Guitar 

11. Tao  6:39 
Music/Ayuo 
Lyrics/Ayuo 
Vocal/Ayuo 
Bass/Danny Thompson 
Drums/Dave Mattacks 
Ayuo Bouzouki/Ayuo 
Hurdy Gurdy 

12. 幻燈詩 (A Magic Lantern Poem)  8:03 
Music/Ayuo 
Lyrics/EPO 
Vocal/EPO 
Bass/Danny Thompson 
Drums/Dave Mattacks 
Keyboards Programing (Gamelan Gong, Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Celtic Harp/Ayuo 
Psaltery 
Tin whistle 
Sitar Guitar 
E-Bow Guitar 
Wind Chime 

13. Ellipse  4:09 
Music/Ayuo 
Lyrics/Peter Hammill 
Vocal/Peter Hammill 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Greek Bouzouki/Ayuo 
Hurdy Gurdy 

14. Etenraku Jig  4:15 
Music/Ayuo 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Keyboards (Choir)/David Lord 
Violin/Motohiko Maeda 
Greek Bouzouki/Ayuo 
Hurdy Gurdy 
Electric Guitar 
M13~M14 (Medley) 

15. Air  6:50 
Music/Ayuo 
Lyrics/Peter Hammill 
Vocal/Peter Hammill 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Keyboards Programing (Pad)/Shinichirou Shinozaki 
Acoustic Guitar/Ayuo 
Sitar Guitar 
Celtic Harp 
Greek Bouzouki 
Koto 

16. きみになれたら (Kimi Ni Naretara)  2:54 
Music/Ayuo 
Lyrics/Ayuo 
Vocal/Ayuo 
Bass/Takuya Nishimura 
Drums/Chizuko Miura 
Acoustic Guitar/Ayuo 
Koto 
Celtic Harp 
Psaltery 
Sitar Guitar 


作詩
高橋鮎生 1、3、11、16 
EPO 2、12 
Peter Hammill 5~7、9、13、15 
Genesis 10 

作曲 
高橋鮎生 1~9、11~16 
Genesis 10 

編曲 
高橋鮎生(全曲) 

AYUO 
Acoustic Guitar, Koto, Celtic Harp, Bouzouki 他 

(Vocal) 
AYUO 1、10、11、16 
EPO 2、12 
Aoife Ni Fhearraigh 3 
Peter Hammill 5~7、9、13、15 

(Cho.) 
上野洋子 1 
中島優子 5~7 

(Bass) 
Dave Mattacks 1 
Danny Thompson 3、12 
西村卓也 2、4~9、13~16 

(Drums) 
Dave Mattacks 1、3、10~12 
三浦智津子 2、4~9、13~16 
他 


Produced And Arranged by Ayuo 
Directors: Soh Fujimoto (Victor Entertainment, Inc.) / Shinichirou Shinozaki (Prime Rose) 
Engineers: David Lord / Motohiko Maeda / Yoshiaki Kondoh (Gok Sound) 
Mixed by David Lord at Terra Incognita 
Assistant Engineer to David Lord: Guy Johnson 
Mastered: Tohru Kotetsu (Victor Company of Japan, Ltd.) 
Cover Art by Tadanori Yokoo 
Recording Coordinated by Ayuo (Asking musicians to participate and studio booking) 
Jacket Editor: Yukio Yui (Victor Entertainment, Inc.) 
Executive Producers: Isamu Senda (Victor Entertainment, Inc.) / Soh Fujimoto (Victor Entertainment, Inc.) / Seiji Omotani (Toy's Office) 


「Ayuo's Bouzouki is an Irish Bouzouki handcrafted by Tatsuo Shibusawa set with a new tuning invented by Ayuo based on a Persian Setar. 
Ayuoのブズーキはギター製作作家、渋沢達雄氏によって作られたアイリッシュ・ブズーキを使い、Ayuoがペルシャ・セタールをモデルにして考え出した新しいチューニングで演奏したものです。」


◆本CDについて◆

ジュエルケース(黒トレイ)。ブックレット(全32頁)にトラックリスト&クレジット、ピーター・ハミルによるコメント(日本語訳&英語原文)、EPOによるコメント(日本文)、Ayuoによるプログラムノートおよび「曲解説」(日本文&英文)、歌詞(#1、3、5~7、9~11、15は英語詞&日本語訳、#2、12は日本語詞&英訳、16は日本語詞のみ/「訳詩:Ayuo(「The Lamia」のみ豊田早苗訳)」)、「参加ミュージシャン紹介」、アーティスト写真(モノクロ)1点。

高橋鮎生氏はピアニスト高橋悠治氏令息ですが、ジャケ絵を担当されている横尾忠則氏をはじめ、人脈が凄いです。J-POP(EPO)、プログレピーター・ハミル)、トラッド・フォーク(ペンタングルのダニー・トンプソン&フェアポート・コンヴェンションのデイヴ・マタックス)と、ヴァラエティに富んでいますが、音楽的にはニューエイジワールドミュージック志向で統一されています。「ユーラシア」すなわちヨーロッパとアジアを貫いて新石器時代にまで遡る普遍性の探求です。
#12「幻燈詩」はヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ「菩提樹の下で(Under der linden)」っぽいです。

★★★★★

 

Wrong Footed 

 

Air 

 

#4-8、#13-14はこちらで試聴できます。

#3、11、12はこちらで試聴できます。

ライナーノーツ(オフィシャル・サイト)

About myself Ayuo, and about recording in England With Peter Hammill and many others

 

イシルドゥルス・バーネ&ピーター・ハミル  『イン・アマゾニア』 

イシルドゥルス・バーネ&ピーター・ハミル 
『イン・アマゾニア』 

Isildurs Bane & Peter Hammill 
In Amazonia 


CD: BELLE ANTIQUE / a division of MARQUEE Inc. group 
マーキー/ベル・アンティーク・レーベル 
発売元:マーキー・インコーポレイティド(株) 
BELLE 213547 (2021年) 
定価¥3,300(税抜¥3,000) 
Made in Japan 
Licensed from Isildurs Bane Production 
[SHMCD] 

 


帯文:

スウェーデンのシンフォニック・ロック・バンド、イシルドゥルス・バーネ、2017年のスティーヴ・ホガースと作品に続き、VDGGやソロで現在での精力的な活動を続ける孤高のヴォーカリストピーター・ハミルと共演したヴォーカリストとのコラボ作第2弾(2019年発表)。本作はハミルの尖鋭性とバンドの豊かな演奏面での表現力が融合し、エキゾティックで呪術的な雰囲気がミステリアスな躍動感を生み出した傑作。紙ジャケットSHM-CDにての決定版的内容!」


1. そう気づく前に  7:46 
Before You Know It (Hammill/Johansson) 
2. 流れの下に 4:46 
Under the Current (Hammill/Johansson) 
3. アギーレ  5:17 
Aguirre (Hammill/Johansson) 
4. ここがその場所  10:07 
This Is Where? (Hammill/Johansson) 
5. 一日(ひとひ)の終わり  9:05 
The Day Is Done (Hammill/Johansson) 
6. 鳥は飛び立ちぬ  3:02 
This Bird Has Flown (Johansson) 


ISILDURS BANE 
Katrine Amsler : keyboards & electronics 
Klas Assarsson : marimba, vibes & percussion 
Kuca Calabrese : trumpet 
Axel Crone : bass & bass clarinet 
Samuel Hällkvist : guitars 
Mats Johansson : synthesizers & treatments 
Liesbeth Lambrecht : violin & viola 
Kjell Severinsson : drums & percussion 

FEATURING 
Peter Hammill : vocals 


Recorded at The Red Room, Haimstad, Sweden 2018-19 by Mats Johansson & Axel Crone 
Additional recordings at Valby Station, Copenhagen, Denmark by Katrine Amsler & Samuel Hällkvist ; At Terra Incognita, Wiltshire, England by Peterr Hammill ; And at The Wormhole, Dripping Springs, USA by Pat Mastelotto 
Mixed by Charles Storm at Cloudchamber, Gothenburg, Sweden 
Produced by Mats Johansson 

Originally Released on CD (ATX6CD) and LP (ATX3LP) 2019 
Licensed from Isildurs Bane Production. 


◆本CDについて◆

見開き紙ジャケット(E式)仕様、中ジャケにクレジット。英文ブックレット(十字折り)に歌詞&クレジット、投げ込み(十字折り)にトラックリスト&クレジット、祖父尼淳による解説、歌詞日本語訳(haman/haman)。

オリジナルCDはデジパック(+8頁ブックレット)仕様でATARAXIAより2019年にリリースされました。ゲストとして中川果林(かりん)が箏(+日本語ヴォイス)で全面的に参加しています。

ハミルによる歌詞はヘルツォークの映画『アギーレ/神の怒り』にインスパイアされているようです。文明と自然、自己意識と集合的無意識、世界の始まりと終わり。われわれ人類が背負わされている歴史は人類の傲慢さゆえの狂気と愚行の歴史ですが、しかしそれをなかったことにはできないので、人類は人類として最後までなんとかするしかないです。

ハミルが他アーティストの作品にメイン・ヴォーカリストとして参加したものには、ロバート・フリップ『Exposure』(1979年)収録曲「Disengage」、フリップと共にストラングラーズの1980年のライヴにゲスト参加した『The Stranglers and Friends in Concert』の「Tank」、この二つはハードでワイルドな歌唱が印象的です。そして同じくフリップと共に参加したデヴィッド・クロス『Exiles』(1997年)収録曲「Tonk」「Troppo」、高橋鮎生『Songs from a Eurasian Journey』(1997年)、高橋鮎生プロデュースによる箏曲家・沢井一恵の『Eye to Eye』(1987年)収録曲「A Song to Fallen Blossoms」(これはサラ・ジェーン・モリスとのデュエットですが、箏奏者との共演という点で本作への布石となっています)、PFM『Live in Japan 2002』オープニング曲「Sea of Memory」、Saro Cosentino『Ones and Zeros』(1997年)収録曲「Phosphorescence」「From Far Away」、同じく『The Road to Now』(2022年)収録曲「The Joke」「November」「Time to Go」「When Your Parents Danced」、The Amorphous Androgynousとの共作『We Persuade Ourselves We Are Immortal』(2020年)などがあります。Saro CosentinoやThe Amorphous Androgynousが本作とほぼ同傾向です。

★★★★★

 

 

Gouveia Art Rock 2019 - In Amazonia - Isildurs Bane & Peter Hammill

 

 

 

John Renbourn & Robin Williamson  『Wheel of Fortune』 

John Renbourn & Robin Williamson 
『Wheel of Fortune』 


CD: Demon Records, Inc. 
FIENDCD 746 (1993) 
Manufactured in England 
Issued under licence from Flying Fish Records, Inc. 

 


1. South Wind / Blarney Pilgrim (John Renbourn and Robin Willamson) [instrumental]  3:54 
2. The Curragh of Kildare / Milliner's Daughter (Trad., Arranded and Adapted by Robin Williamson and John Renbourn)  4:40 
3. Bunyan's Hymn / I Saw Three Ships / English Dance (John Renbourn) [instrumental]  4:35 
4. The Lights of Sweet St. Anne's (Robin Williamson)  4:19 
5. The Snows (Trad., Arranged and Adapted by John Renbourn)  4:56 
6. Finn and the Old Man's House (Trad., Arranged and Adapted by Robin Williamson) [story]  8:01 
7. Matt Highland (Trad., Arranged and Adapted by John Renbourn and Robin Williamson)  6:15 
8. Little Niles (Randy Weston) [instrumental]  6:50 
9. The Rocks of Bawn (Trad., Arranged and Adapted by Robin Williamson and John Renbourn)  5:18 
10. Lindsay (Archie Fisher)  5:44 
11. Port Patrick (Trad., Arranged and Adapted by Robin Williamson and John Renbourn) [instrumental]  3:35 
12. Wheel of Fortune (Trad., Arranegd and Adapted by Robin Williamson and John Renbourn)  5:18 


John Renbourn: vocal (5, 7, 10), lead guitar. 
Robin Williamson: vocal (2, 4, 6, 9, 12), Celtic harp, rhythm guitar, whistle. 


Produced by Mitch Greenhill 

Recorded live in concert: 
May 7, 1993, at Old Town School of Folk Music, Chicago, Illinois. Engineered by Flawn Williams. Concert produced by Jim Hirsch, assisted by Susan Smentek, for Old Town School of Folk Music. 
May 6, 1993, at John Burroughs School, St. Louis, Missouri. Engineered by Flawn Williams. Concert produced by Judy Stein for The Focal Point. 
May 4, 1993, at Pres House, Madison, Wisconsin ("Little Niles" only). Engineered by Tom Blain for Wisconsin Public Radio ("Simply Folk" with Judy Rose). Concert produced by Tag Evers for Tag Team Productions. 

Remix: July, 1993, at Village Recorders, Los Angeles, California. Engineered by Richard Ornstein. 

Mastering: August, 1993, at SAE, Phoenix, Arizona. Engineered by Roger Seibel. 

Graphic design: Barbara Ciurej 

Photography: James Fraher 

「Turn around, you wheel of fortune / Turn around and rise for me / Life of man is most uncertain / None can say what may be」


◆本CDについて◆ 

ジュエルケース(黒トレイ)。ブックレット(全4頁)にMitch Greenhillによるライナーノーツ、
英国盤(オリジナルは米Flying Fish)。

元ペンタングルのジョン・レンボーンと元インクレディブル・ストリング・バンドのロビン・ウィリアムソンによる1993年デュオ作『運命の輪』。アメリカ各地でのライヴ録音から構成されていて、1994年度グラミー賞「最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム」にノミネートされました(受賞はボブ・ディラン『奇妙な世界に(World Gone Wrong)』)。
#1はインスト(ウィリアムソンは前半でハープ、後半で笛)、#2、12はウィリアムソン(歌とハープ)、レンボーン(ギター)、#3、8はレンボーンのギター独奏、#4はウィリアムソン(歌とギター)、レンボーン(ギター)、#5はレンボーン(歌とギター)、ウィリアムソン(笛)、#6はウィリアムソンの語りとハープ、#7はレンボーン(歌とギター)、ウィリアムソン(ハープ)、#9はウィリアムソンの歌とギター、#10はレンボーン(歌とギター)、ウィリアムソン(ギター)、#11はウィリアムソン(ハープ)、レンボーン(ギター)。
1960年代以来の旧知の仲とはいえ共演はこれが初めて。かなり音楽的傾向の異なるウィリアムソン(語り部志向)とレンボーン(インスト志向)ですが、両者に共通するのはアイリッシュケルト的なものへの関心です。

★★★★☆

 

 

Phew  『Voice Hardcore』

Phew 
『Voice Hardcore』 


CD: 
BeReKet 
bmp004 (2017年) 
¥2,500(税抜き価格) 

 


1. very cloudy くもった日 8:05 
2. just a familiar face 顔だけ知っている人 6:58 
3. white lounge, so bright 白いラウンジ、明るい 6:42 
4. nice weather いいお天気でした 6:42 
5. in the doghouse 困っています 6:10 
6. scat スキャット 4:00 
7. let's dance, let's go 踊りましょう、行きましょう 2:28 
8. at the end of a long day 長い一日の終わり 7:42 
9. sonic morning 音の朝 7:10 


Phew: voices 

all words and music by Phew 

recorded in July 2017 by 
Phew at Phew's room 

mixed and mastered in July 2017 
by Hiroyuki Nagashima (Dowser) 

art direction and designed by 
Takashi Miyagawa 

illustration by Thomas Perrodin 
photo by Masayuki Shioda 


Bridgeサイト「Voice Hardcoreについて」(Phew)より◆

「声だけで作品を作れると思ったのは、1980年、はじめてのソロシングル「終曲」の録音時です。自分の声をダビングすると、メロディ、ハーモニーやリズム、音響技術の文脈で語れない全く違う世界が立ち現れました。声で絵を描けると思ったのはこの時です。」
「このアイデアは長い間温め続けてきました。が、制作する直接のきっかけになったのは、今年のツアー中に体調を崩したことです。重い機材を運べない、セッティングをするのも困難な中で、自分の身体一つで音楽をつくれるだろうかと思いました。それは、同時に「音楽とは何か」という正解のない大きな問いで、作品の独自性と個人の可能性について考える機会でもありました。」
「このアルバムは、これまで聞いたことがない新しい響きを自分の身体だけを使って作る試みです。こうしたことを試すには、プライヴェートな環境が必要でした。録音エンジニアがいるスタジオでは出来なかったと思います。
自室で普段ライヴで使っている簡素なエフェクター、ヘッドセット・マイクで録音しました。音質は決して良いとは言えません。が、それも「響の」一つだと私は考えています。」
「実際に作業に取り掛かってみると、アイデアが一気に溢れ出し、3日間、延時間にして8時間前後で、アルバムは完成しました。」


◆本CDについて◆

デジパック仕様。デジパック裏面にトラックリスト。インサート(2頁)にクレジット、Thomas PerrodinによるPhewイラスト、アーティスト写真(カラー)。

音楽のアール・ブリュット。多重録音された声&身体ノイズに日常的なコトバの断片を重ねたオーガニックな音の織物になっています。

★★★★★


顔だけ知っている人

 

困っています

 

 

 

パートス  『タイムロス』 

パートス 
『タイムロス』 

Paatos 
Timeloss 


CD: Arcàngelo 
Distributed by disk union 
ARC-1070 (2004年) 
税込価格¥2,940(税抜価格¥2,800) 

 


帯文:

「全編に渡るメロトロンの洪水、愁いを帯びた女性ヴォーカル、そして表情豊かで奥深いプレイを見せるリズム陣… 
様々な賛辞を受けた本作品が、日本盤のみボーナス・トラック2曲収録、そして紙ジャケット仕様で遂に甦ります!!」


1. Sensor (Music: Paatos / Lyrics: Huxflux Nettermalm)  5:11 
Petronella Nettermalm: vocals 
Huxflux Nettermalm: drums, congas 
Johan Wallén: electric piano, hammond organ, moog, clavia and yamaha synthesizers, mellotron 
Reine Fiske: electric guitars 
Stefan Dimle: electric bass 

2. Hypnotique (Music: Paatos / Lyrics: Huxflux Nettermalm)  8:32 
Petronella Nettermalm: vocals, cello 
Huxflux Nettermalm: drums, percussion, water 
Johan Wallén: upright piano, electric piano, mellotron 
Reine Fiske: electric guitars 
Stefan DImle: electric bass 
David Wilczewski: Flute 

3. Téa (Music: Paatos / Lyrics: Turid Lundqvist)  5:45 
Petronella Nettermalm:vocals 
Huxflux Nettermalm: drums 
Johan Wallén: steinway grand piano, mellotron 
Reine Fiske: electric guitars 
Stefan Dimle: electric bass 

4. They Are Beautiful (Music: Dimle, Fiske, Helje / Lyrics: Huxflux Nettermalm)  7:44 
Petronella Nettermalm: vocals 
Huxflux Nettermalm: drums, saw 
Johan Wallén: harmonium, hammond organ, sampler, mellotron 
Reine Fiske: electric and acoustic guitars 
Stefan Dimle: double bass 
David Wilczewski: clarinet, bass clarinet 
Adrian and Maila Dimle: background sounds 
Téa Nettermalm: background sounds 

5. Quits (Music: Huxflux Nettermalm / Lyrics: Huxflux Nettermalm)  12:17 
Petronella Nettermalm: vocals 
Huxflux Nettermalm: drums, percussion, triangle, programming 
Johan Wallén: electric piano 
Reine Fiske: electric guitars 
Stefan Dimle: electric bass 
Jonas Wall: saxophone 
Micke Sörensen: trumpet 
Per Kristensson: trombone 

Bonus tracks 

6. Ouka (Music: Dimle, Nettermalm, Nettermalm, Nylander, Wallén)  8:28 
Petronella Nettermalm: vocals 
Huxflux Nettermalm: drums 
Johan Wallén: electric piano, mellotron 
Peter Nylander: guitars 
Stefan Dimle: bass 

7. Otaku (Music: Dimle, Nettermalm, Nettermalm, Nylander, Wallén)  5:08 
Petronella Nettermalm: cello 
Huxflux Nettermalm: drums 
Johan Wallén: electric piano, mellotron 
Peter Nylander: guitars 
Stefan Dimle: bass 

The bonus tracks were recorded in the Paatos studio, November 2003 


◆本CDについて◆

見開き紙ジャケット(E式/コーティング)仕様。中ジャケに歌詞&クレジット、裏ジャケにトラックリスト。三つ折りブックレットに祖父尼淳による解説、トラックリスト&クレジット。

スウェーデンプログレッシヴ・ロック・バンド、ランドベルクのReine Fiske(ギター)とStefan Dimle(ベース)が、Petronella(ヴォーカル、チェロ)&Ricard "Huxflux"(ドラム)のNettermalm夫妻およびキーボーディストのJohan Wallén(RicardとJohanはAggというバンドで活動していました)と結成したパートスの1stの紙ジャケ再発盤です。オリジナルCDは2002年にStockholm Recordsからデジパック仕様でリリースされ、2003年にMellotronenからLPで、2004年にInside Out Musicから「Hypnotique」のPV入りのエンハンスドCD(ジュエルケース仕様)で再発されています。本CDの紙ジャケはMellotronen盤LPとは異なるデザインになっていて、録音年月日等のデータの記載がないです。

1990年代のスウェーディッシュ・プログレといえばアネクドテン(キング・クリムゾン路線)、アングラガルド(ジェネシス路線)、そしてヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター路線のランドベルクが三大バンドといってよいですが、ランドベルクのマイナー感は否めないです。しかしパートス結成に至って、ランドベルクの持ち味だったメランコリックでダークな曲調にミステリアスな女声ヴォーカルとジャズ的要素が加わって幽玄ともいうべき独特のムードを醸し出しています。個人的にはマジー・スターの『シー・ハングス・ブライトリィ』あたりと並べて観賞したいです。

ボーナス・トラックはギタリストがPeter Nylanderに交替しての2003年のインプロヴィゼーション「桜花」「オタク」。

★★★★★


Sensor 

 

Hypnotique

 

Otaku 

 

 

 

 

 

『チベットの仏教音楽 4 ― 悪魔払いの秘呪』

チベットの仏教音楽 4 ― 悪魔払いの秘呪』
Tibetan Buddhism 
Shedur: A Ghost Exorcism Ritual 
The Venerable Yeshe Dorje Rinpoche, Master of the Rite  
Recorded in Dharamsala, Himachal Pradesh 
by David Lewiston 


CD: ワーナーミュージック・ジャパン 
シリーズ: Nonesuch Explorer 50+ 
WPCS-16057 (2013年) 
定価¥945/税抜価格¥900 

 


帯文:

「死に至らしめる悪霊を追い払う、チベット仏教音楽の神秘的儀式の貴重な現地録音」


帯裏文:

「さまざまなチベットの仏教音楽のなかでも、このアルバムに収録されているのは、実際に行われた、死に至らしめる悪霊で、仏敵のシェドゥルを追い払う儀式を現地で収録したもので、イェシェ・ドルジェ師生が1977年4月に行った儀式の抜粋です。」


チベットの仏教音楽 4 
Tibetan Buddhism - Shedur: A Ghost Exorcism Ritual 

[現地録音] 採録:デイヴィッド・ルイストン 
recorded by David Lewiston 


1.悪魔払いの秘呪 その1 21:43 
THE VENERABLE YESHE DORJE RINPOCHE Part 1 

2.悪魔払いの秘呪 その2 21:45 
THE VENERABLE YESHE DORJE RINPOCHE Part 2 

イェシェ・ドルジェ師生(リンポチェ)によるシェドゥル(悪魔払いの儀式)から


[録音] 1977年 西北インド、ヒマチャル・プラデッシュ州、ダラムサラ 

「現地レコーディングのため、一部に収録時のノイズ等がありますがご了承ください。」


◆本CD日本語解説より◆

「このCDは、特に民族色豊かな面を表わしているチベット佛教音楽で、死に到らしめる悪霊であり、佛敵であるシェドゥルを追い払う儀式の音楽である。この録音は、実際に、インドのヒマチャル・プラデッシュ州のダラムサラ(Dharamsala)で行なわれたもので、死んだ身内の者の悪霊にとりつかれているために、肺結核に病んでいると考えている1人のチベット人のために1977年4月に行なわれた悪霊払いの儀式の録音である。
 その佛教儀式の法を説いて、祈願をし願文や表白を読んで法会を導びく高僧は師であり生きた佛、覚者でもあるが、イェシェ・ドルジェ・リンポチェ(師生とか高僧とかを意味する語)である。このイェシェ・ドルジェは、17世紀にまで逆のぼることのできる血統を引くラマ僧(高僧)である。この儀式を助けるのは、彼の妻と先輩の僧である。
 この儀式は、一日中かかって行なわれたものであるが、その録音の抜粋である。」
「この儀式で用いられた楽器は、ディルプ(drilbu)という手に持つ鈴、ダマル(damaru)とよぶ振り鼓と、カンリン(Kangling)とよばれる大腿骨のトランペットとロルモ(rolmo)と呼ばれるシンバルである。」


◆本CDについて◆

ジュエルケース(黒トレイ)。ブックレット(全4頁)。ブックレットの外側はオリジナルLPのジャケット(表・裏)を縮小したもので、裏ジャケ解説はGlenn H. Mullin、内側にクレジットとモノクロ写真図版2点(LP裏ジャケより)。投げ込み(十字折り/片面印刷)にトラックリスト&クレジット、草野妙子による日本語解説(「このライナーノーツは、LP初発売時の解説からの流用です。」)。

オリジナルLPは1978年にノンサッチ(Nonesuch)からリリースされました。

チベットの仏教音楽というとおごそかでおどろおどろしいイメージですが、本作は悪魔祓いの音楽とはいうものの、なにやら牧歌的でのどかですらあります。チベット仏教の教義に即した解説は例によって難解ですが、シェドゥル(悪霊祓いの儀式)というのは創造的エネルギー(「ダキニ」)を内面に作用させることによって内面的な障害(「心霊的毒」)をデトックスする儀式のようです。

★★★★★