幻の猫たち 改訂版

まぼろしの猫を慕いて

Matching Mole  『March』 

Matching Mole 
『March』 


CD: Cuneiform Records 
RUNE 172 (2002) 

 


1. March (Wyatt/MacRae)  4:49 
2. Instant Pussy (Wyatt)  4:53 
3. Smoke Signal (MacRae)  6:24 
4. Part Of The Dance (Miller)  9:50 
5. No 'alf Measures (Ayers)  5:40 
6. Lything And Gracing (Miller)  11:39 
7. Waterloo Lilly (Sinclair)  4:20 

total - 47:38 


Phil Miller - guitar 
Dave MacRae - electric piano 
Robert Wyatt - drums, vocals 
Bill MacCormick - bass 


Recorded in concert in Europe, March 1972 


Remastered and edited by Michael King and Miki Dandy at Sounds Good, Canada 
Release coordination by Steven Feigenbaum 
Photography, mole sculptures and design by Tom Recchion 


◆本CDについて◆ 

透明ジュエルケース。ブックレット(三つ折り)にトラックリスト&クレジット、Robert Wyattによるコメント、写真図版(モノクロ)1点。

ロバート・ワイアット率いるマッチング・モールの、『Smoke Signals』(邦題『まっすぐモグラ』)に続く発掘ライヴ音源集第2弾。1972年3月ヨーロッパ・ツアーより。前作に引き続きモグラ・フィギュアが「3月」と「行進」をかけた「マーチ」ジャケで大活躍です。

キャラヴァンをやめてロバート・ワイアットとマッチング・モールを結成したキーボーディストのデイヴ・シンクレアでしたが、バンドが当初シンクレアが望んでいたような歌もの志向から離れて、即興インスト中心になると、1stではゲストとしてクレジットされていたデイヴ・マクレエに追い出されるような形でシンクレアは脱退、キャラヴァンに復帰しています。デイヴ・シンクレア不在中にリリースされたキャラヴァンのアルバム『Waterloo Lily』のタイトル・トラックの中間部のリフに基づいたインストが本CD#7で、これはシンクレア脱退後のライヴですが、シンクレア在籍時のスタジオ・セッションが「Horse」のタイトルで1st『Matching Mole』エクスパンデッド・エディション(Esoteric、2012年)のディスク2に収録されています。作曲者はSinclairとなっていますが、これはデイヴなのかリチャード(デイヴの従兄弟でキャラヴァンのベース&ヴォーカル)なのか、しかしそれはどっちでもいいです。

★★★★☆


Smoke Signals

 


 

 

 

 

 

Matching Mole  『Smoke Signals』

Matching Mole 
『Smoke Signals』 
マッチング・モール 
『まっすぐモグラ』 


CD: Cuneiform Records 
RUNE 150 (2001) 
Distributed in Japan by disk union 

Arcàngelo 
ARC-2150 
税抜価格¥2,500 

 



帯文:

「僅か2枚のアルバムを残し、R・ワイアットの悲劇の事故から終焉を迎えた名バンド、マッチング・モールの未発表音源を奇跡の発掘、ついに幻の音が日の目を見る! ★日本盤のみボーナス・トラック1曲追加収録。」
「●日本語解説/マッチング・モール・ヒストリー対訳付 解説・坂本理」


1. Intro  0:44 
2. March Ides I (McRae)  4:22 
3. Smoke Rings (McRae)  7:51 
4. Nan True's Hole (Miller)  6:00 
5. Brandy As In Benj (McRae)  4:22 
6. Electric Piano solo (McRae)  1:11 
7. March Ides II (McRae)  4:56 
8. Instant Pussy (Wyatt)  2:51 
9. Smoke Signal (McRae)  6:55 
10. Lything & Gracing (Miller)  11:48 
11. Gloria Gloom (MacCormick) [bonus track]  5:05 


Phil Miller - guitar 
Bill MacCormick - bass 
Dave McRae - electric piano 
Robert Wyatt - drums, vocals 


Recorded in Europe during 1972. 


This CD was conceived and edited by Michael King. 
Digital editing and remastering by Matt Murman and Steven Feigenbaum 
at SAE Mastering - Phoenix, AZ. 
Final digital touch up by Michael Hearst at Urban Geek Studios - Richmond, VA. 

Liner notes by Aymeric Leroy. 
Release coordination by Steven Feigenbaum. 

Packaging realized by the Doo-Dooettes:  
Sculptures (after Alan Cracknell's illustration), art direction and design by Tom Recchion. 
Photography of Moles by Fredrik Nilsen. 


◆本CDについて◆ 

輸入盤国内仕様。透明ジュエルケース。原盤ブックレット(5つ折り)にAymeric Leroyによるライナーノーツ、モグラのフィギュア写真(カラー)5点。インレイにトラックリスト&クレジット。別冊ブックレット(全8頁)にトラックリスト&クレジット、坂本理による解説、原盤ライナーノーツ日本語訳「マッチング・モール・ヒストリー」(訳:高野正和)。

ロバート・ワイアット率いるマッチング・モールの発掘ライヴ音源集。「Intro」はワイアットによるフランス語のMCで始まりますが、全体的にはフランスだけでなく、複数の音源を編集して、当時のセットリストを再構成したもののようです。音質はよかったりよくなかったりです。

本CDのために1st『そっくりモグラ』ジャケ絵のモグラ・フィギュア&ジオラマまで制作してしまう力の入れようとはうらはらに、クレジットには「1972年ヨーロッパ録音」と、たいへん漠然とした記述しかないですが、「CDのコンセプトと編集はマイケル・キングによる」とあるそのマイケル・キングは、ワイアットの詳細なレコーディング&ライヴ・データ集『Wrong Movements:
A Robert Wyatt History』(SAF Publishing、1994年)の著者なので、やろうと思えばもう少し詳しい情報を提供することもできたはずですが、あえてそれをしなかったのは、発掘音源を歴史的遺物=死物として、研究対象として提供するのではなく、編集作業によって、いわば「反魂の術」のように、生きた音楽=モグラの生態を再現することを望んだゆえであろうと思われます。

★★★★☆


March Ides II


 

 

 

 

 

 

 

 

Matching Mole  『On the Radio』

Matching Mole 
『On the Radio』 


CD: Hux Records Ltd. 
HUX 083 (2006) 
Made in the EU 

 

 

1. Marchides / Instant Pussy / Smoke Signal  20:33 
John Peel Session recorded 17. 04. 1972 
First broadcast 09. 05. 1972. 
Bill MacCormick, Dave MacRae, Phil Miller, Robert Wyatt

2. Part Of The Dance  7:56 
John Peel Session recorded 17. 01. 1972. 
First broadcast 25. 01. 1972 
Bill MacCormick, Dave MacRae, Phil Miller, Dave Sinclair, Robert Wyatt 

3. No 'alf Measures  6:49 
4. Lithing And Gracing  7:19 
John Peel Session recorded 06. 03. 1972. 
First broadcast 24. 03. 1972. 
Bill MacCormick, Dave MacRae, Phil Miller, Robert Wyatt 

5. Immediate Kitten  9:59 
John Peel Session recorded 17. 01. 1972. 
First broadcast 25. 01. 1972. 
Bill MacCormick, Dave MacRae, Phil Miller, Dave Sinclair, Robert Wyatt 

6. Instant Pussy  5:47 
7. Lithing And Gracing  4:49 
8. Marchides  6:49 
9. Part Of The Dance  6:32 
10. Brandy As In Benji  1:17 
BBC Radio 1 Live In Concert 27. 07. 1972. 
Bill MacCormick, Dave MacRae, Phil Miller, Robert Wyatt 


Matching Mole 
Bill MacCormick: Gibson EB3 Bass Guitar, Fuzz Pedal 
Dave MacRae: Modified Fender Rhodes Electric Piano, Wha-Wha Pedal 
Phil Miller: Gibson SG Special Electric Guitar, Effects Pedals 
Dave Sinclair: Hammond A100 Organ 
Robert Wyatt: Custom Ludwig Drums, Gretch Snare, Zildjian Cymbals & Hi-Hats, Mallets, Vocal Microphone & Echoplex 


Total Time: 77:53 
Tracks 1: Stereophonic 
Tracks 2-10: Monophonic 
Tracks 3 and 4 recorded off-air onto 3 & 3/4 IPS Reel by David Davies 
Track 5 recorded off-air, unknown 

All titles composed by Robert Wyatt except: 
Marchides, Smoke Signal & Brandy As In Benji: Dave MacRae 
Part Of The Dance: Phil Miller 
No 'alf Measures: Kevin Ayers, arr. Robert Wyatt 
Lithing And Gracing: Phil Miller, Robert Wyatt, Dave MacRae 

Release co-ordination by Jo Murphy 

Cover design by Alfie Benge from a photograph by Robert Wyatt 
Matching Mole live photograph - Redferns 
Additional photographs, archive material and CD research courtesy of Michael King. 

Package design by Neil @ www.9thplanetdesign.com 

Released by arrangement with BBC Music 


◆本CDについて◆ 

デジパック仕様。ブックレット(全12頁)にトラックリスト&クレジット、Bill MacCormickによるライナーノーツ、写真図版(モノクロ)9点、その他図版4点。

ロバート・ワイアット率いるマッチング・モウルのBBCライヴ音源集。#1以外はモノラルです。
#6~10は『BBC Radio 1 Live in Concert』(Windsong、1994年)として既発、#3はワイアットのコンピ盤『Flotsam Jetsam』(Rough Trade、1994年)に既収録です。

★★★★★


それとは別に、

Matching Mole on Rockenstock (7-1-1972)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Matching Mole  『BBC Radio 1 Live in Concert』

Matching Mole 
BBC Radio 1 Live in Concert』 


CD: Windsong 
WINCD063 (1994) 

 


1. INSTANT PUSSY (Robert Wyatt)  5:50 
2. LITHEING AND GRACEING (Philip Miller)  4:49 
3. MARCHIDES (David Macrae)  6:49 
4. PART OF THE DANCE (Philip Miller)  6:32 
5. BRANDY AS IN BENGE (David Macrae)  1:17 


Recorded at The Paris Theatre, London on 27.7.72 
Produced by Jeff Griffin 
Duration: 27 mins 


◆本CDについて◆

ロバート・ワイアット率いるマッチング・モウルの、BBCパリス・シアターにおける放送用スタジオ・ライヴ録音(1972年7月27日)を収録したミニアルバム(モノラル)。全体的にテンションが高いです。
曲は切れ目なく続いていて、#1の前半はワイアットのスキャット・ヴォーカルを、後半はフィル・ミラーのギターをフィーチャーしています。
#2はビル・マコーミックのファズ・ベースをフィーチャーしています。
#3はデイヴ・マクレエのエレピをフィーチャーしています。
#4はフィル・ミラーの変幻自在の怒涛のギターをフィーチャーしています。
#5は複雑なエンディングを決めて画竜点睛です。最後はスタジオの観客の拍手喝采をフィーチャーしています。

なお、本CDの内容はのちにHux RecordsからリリースされたBBCライヴ音源集『On the Radio』(2006年)にまるごと収録され、さらにEsoteric Recordingsからリリースされた2nd『Matching Mole's Little Red Record』のエクスパンデッド・エディション(2012年)のディスク2にも収録されています。

★★★★★ 

 


 

 

 

 

 

 

 

Matching Mole  『Matching Mole』 Expanded Edition 

Matching Mole 
『Matching Mole』
Expanded Edition 


CD: Esoteric Recordings / Cherry Red Records Ltd  
ECLEC 22311 (2012) [2CD] 
Made in EU 

 

 

DISC ONE 

The original album remastered: 

1. O Caroline  5:06 
2. Instant Pussy  3:02 
3. Signed Curtain  3:03 
4. Part of the Dance  9:14 
5. Instant Kitten  4:59 
6. Dedicated to Hugh, But You Weren't Listening  4:40 
7. Beer as in Braindeer  4:02 
8. Immediate Curtain  5:58 

Bonus tracks 

9. O Caroline (Single version)  3:33 
10. Signed Curtain (Single edit)  3:05 
A & B sides of single 
Released as CBS Records S 4707 in 1972 

11. Part of the Dance Jam  20:57 
Recorded at CBS Studios, London 
on 30th December 1971 
Previously unreleased 


DISC TWO 

Album session recordings December 1971 / January 1972: 

1. Signed Curtain (Take two)  5:32 
2. Memories Membrane  11:16 
Recorded at CBS Studios, London 
on 29th December 1971 
Previously unreleased 

3. Part of the Dance (Take one)  7:27 
Recorded at CBS Studios, London 
on 3rd January 1972 
Previously unreleased 

4. Horse  3:47 
Recorded at CBS Studios, London 
on 10th January 1972 
Previously unreleased 

BBC Radio One sessions: 

5. Immediate Kitten  9:54 
BBC Radio One John Peel Show session 
Recorded 17th January 1972 
First broadcast 25th January 1972 

6. Marchides / Instant Pussy / Smoke Signal  19:36 
BBC Radio One John Peel Show session 
Recorded 17th April 1972 
First broadcast 9th May 1972 


All compositions written by Robert Wyatt except: "O Caroline" written by Robert Wyatt and David Sinclair; "Part of the Dance" written by Phil Miller; "Marchides" and "Smoke Signal" written by Dave MacRae. 


Line-ups 

Disc One 

Robert Wyatt: Mellotron, Piano, Drums, Voice 
Phil Miller: Guitar 
David Sinclair: Piano, Organ 
Bill MacCormick: Basss Guitar 

Guest: 
Dave MacRae: Electric Piano on "Instant Pussy", "Part of the Dance", Dedicated to Hugh, But You Weren't Listening", "Beer as in Braindeer" 

Disc Two 

Tracks 1 & 2: 
Robert Wyatt: Mellotron, Piano, Drums, Voice 
Phil Miller: Guitar 
David Sinclair: Piano, Organ 
Bill MacCormick: Bass Guitar 

Tracks 3-5: 
Robert Wyatt: Mellotron, Piano, Drums, Voice 
Phil Miller: Guitar 
David Sinclair: Piano, Organ 
Dave MacRae: Electric Piano 
Bill MacCormick: Bass Guitar 

Track 6: 
Robert Wyatt: Mellotron, Piano, Drums, Voice 
Phil Miller: Guitar 
Dave MacRae: Electric Piano 
Bill MacCormick: Bass Guitar 


Produced by Matching Mole 
Executive Producer Sean Murphy 
Engineered by Mike Fitzhenry 
Assistant Engineers Philip Beckwith and Richard Dodd (Nova) 

The expanded remastered edition: 

Devised, co-ordinated and researched by Mark Powell 
Additional project co-ordination by Vicky Powell for Esoteric Arts Ltd. 

24-bit digital remastering from the original master tapes by Paschal Byrne at the Audio Archiving Company, London 
"Part of the Dance Jam", "Signed Curtain" (Take One), "Memories Membrane", "Part of the Dance" (Take Two) and "Horse" mixed from the original 16-track masters by Ben Wiseman and Mark Powell at Blitz Productions, London 
Analogue to Digital transfers by Ben Wiseman at the Audio Archiving Company, London 

Original LP cover illustration by Alan Cracknell 
CD artwork by Phil Smee at Waldo's Design & Dream Emporium, St. Albans 


◆本CDについて◆

ロバート・ワイアット率いるマッチング・モウルの1st『そっくりモグラ』リマスター&エクスパンデッド・エディション。

2枚組用透明ジュエルケース(10mm厚)。ブックレット(全16頁)に「Original Press Release」、当時の記事(切り抜き)図版2点、トラックリスト&クレジット、Sid Smithによる解説(January 2012)、モノクロ図版11点、カラー図版(シングル「O Caroline」レーベル)1点。

ディスク1、#1~8は1stアルバム・リマスター。
#9、10は#1、3のシングル・エディット。#1はイントロが大部分カットされて、最後はフェイド・アウト。
#11は20分強の「Part of the Dance」初期形ジャム・セッション。ほとんど電化マイルスです。
ディスク2、#1「Signed Curtain(テイク2)」はまだ歌詞がない段階で、ひたすら「アーアー、アハアハ」いっています。
#2「Memories Membrane」はソフト・マシーン初期の名曲「メモリーズ」のインスト・セッション。
#3「Part of the Dance(テイク1)」はマスター・テイクにだいぶ近付いてきました。
#4「Horse」はキャラヴァン「Waterloo Lily」中間部にも出てくるリフに基づいた即興セッション。
#5、6は『On the Radio』(Hux Records、2006年)に既出のBBCセッション。

★★★★★


Part of the Dance Jam


 

 

 

 

 

 

マッチング・モウル  『そっくりモグラ』

マッチング・モウル 
『そっくりモグラ』 
Matching Mole 


CD: Epic / Sony Records 
シリーズ:Epic Nice Price Line ¥1,800 
ESCA 5425 (1991年) 
Manufactured by Sony Music Entertainment (Japan) Inc 
税込定価¥1,800(税抜価格¥1,748) 

 


帯文:

ソフト・マシーンから進化。ロバート・ワイアットが71年に結成したプログレッシヴなグループのデビュー盤。」
「1972年作品」


1.オー・キャロライン 5:04 
O CAROLINE 
2.インスタント・プシィ 3:01 
INSTANT PUSSY 
3.サインド・カーテン 3:35 
SIGNED CURTAIN 
4.パート・オブ・ザ・ダンス 8:40 
PART OF THE DANCE 
5.インスタント・キッテン 4:57 
INSTANT KITTEN 
6.ヒューへ捧ぐ、でも聞いていなかった 5:03 
DEDICATED TO HUGH, BUT YOU WEREN'T LISTENING 
7.ビア・アズ・イン・ブレインディア 4:38 
BEER AS IN BRAINDEER 
8.イミディエイト・カーテン 4:54 
IMMEDIATE CURTAIN 


◆本CD解説(赤岩和美)より◆ 

ソフト・マシーンを脱退したワイアットが結成したバンド、マッチング・モウルのデビュー作。
 ワイアットはソフト・マシーン在籍中に発表したソロ・アルバム『The End Of An Ear』(CBS64189/’70年10月)のレコーディングに参加していたデイヴ・シンクレアとバンド結成の構想を持ち、そのために音楽的な不自由さを感じ始めていたソフト・マシーンを脱退し、マッチング・モウル設立に着手した。
 シンクレアは、ワイアットも在籍していたワイルド・フラワーズの後期のメンバー(ワイアットとは同時在籍はしていない)で、のちにワイルド・フラワーズのメンバーが中心となって結成されたキャラヴァンでも活動していた。」
「フィル・ミラーは、60年代後半のブルース・ブームの頃にデリヴァリーのギタリストとして活動しており、その時のメンバーにはロイ・バビングトン(b、のちソフト・マシーン)、ロル・コックスヒル(sax、のちケヴィン・エアーズのホール・ワールド)、ピプ・パイル(ds、のちゴング~ハットフィールド&ザ・ノース)、スティーヴ・ミラー(kbd、のちキャラヴァン)、キャロル・グライムス(vo、ソロ)などがいた。
 ビル・マコーミックは、フィル・マンザネラ(g、のちロキシー・ミュージック)やチャールズ・ヘイワード(ds、のちディス・ヒート)らとクワイエット・サンというバンドを組んでいた若手ベーシストであった。
 そして、本作ではゲスト・スーパー・スターとしてクレジットされているデイヴ・マックレエはオーストラリア出身のベテラン・ジャズ・キーボード奏者で、バディ・リッチのグループなどで演奏していた。マッチング・モウルの次作では、脱退したシンクレアに代わって正式メンバーとして加入している。」
「マッチング・モウルはこの後に2作目の『Little Red Record』を発表し一時解散、その後ワイアットとマコーミックは、ゲイリー・ウインド(sax)とフランシス・モンクマン(kbd、元カーヴド・エアー)を加えて新生マッチング・モウルのリハーサルを始めるが、’73年6月にワイアットがパーティーの席上、酒に酔い階段から落下、脊椎を痛め下半身不随となり、グループの構想は宙に浮いてしまった。」


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全12頁)にトラックリスト、赤岩和美による解説、「O CAROLINE」歌詞および対訳(訳:Kuni Takeuchi)。ブックレット裏表紙にオリジナルLP裏ジャケ。

メロトロン(ワイアット)とピアノ(シンクレア)が印象的な#1「O Caroline」ですが、その他の使用楽器はオルガンとメトロノーム(?)だけで、「Dave is on piano and I may play on a drum」とはいうものの、ドラムは叩いていないです。
歌モノ#1&3のつなぎ的な「Instant Pussy」はソロ作『The End of an Ear』の延長上にある声による即興がフィーチャーされています。
#3「Signed Curtain」では鬱による失語症状態が進行して、もはや曲の現状を説明するのがやっとです(「This is the first verse, and this is the chorus, o, perhaps it's a bridge, o, just another part of the song that I'm singing, etc.」)。
メランコリックなインスト#4はその後のハットフィールド&ノースやクワイエット・サンの布石となる重要曲です。
シュルレアリスティックなテープ逆回転と即興ヴォイスで始まる#5は、後半キャラヴァンっぽいオルガンをフィーチャーしたインストですが、終結部はメロトロン・アンサンブルです。
ソフト・マシーン『Volume 2』収録曲(Hugh Hopper作「Dedicated to You, But You Weren't Listening」)をもじったタイトルの#6「Dedicated to Hugh」、#7「Beer as in Braindeer」、#8「Immediate Curtain」は切れ目なしに続くフリー・インプロヴィゼーションで、特にハイテンションな#7と、重篤鬱状態を表徴するかのような#8のメロトロンの洪水は圧巻です。

1960年代のイギリスというのは1980年代の日本に似ていて、変わり者が積極奇異的に変わったことをして、それが積極的に評価されるという、そういう時代でした。ピンク・フロイドシド・バレットや、ソフト・マシーンロバート・ワイアットは、そういう時代を象徴するような存在ですが、反動というのは必ずあるもので、時代が移り、1970年代になってソフト・マシーンが当初のヒッピー的な自由さを失い、テクニカルなインスト志向を示し始めると、ワイアットは自分がバンドにとって必要とされていない存在なのではないかと思い悩み、脱退してからもかつての「夢のバンド」から一人だけ取り残され疎外される悪夢に魘されるほどで、そうしたソフト・マシーンへの未練と後悔はトラウマとなっていて、そのことは心機一転のはずの新バンドのネーミングが「ソフト・マシーン」をもじった「マッチング・モール」(バンド名の由来となったウィリアム・バロウズの小説『The Soft Machine』の仏訳タイトルが「La Machine molle」で、それを更に英語で語呂合わせして「Matching Mole(似た者モグラ)」としたもの)だったりすることからも窺われます。そしてそれはバンドに限ったことではなくて、かつてのガールフレンド、たとえば本作収録曲「O Caroline」の主人公、キャロライン・クーン(Caroline Coon)に対してもまた然りです。
Marcus O'Dairによるワイアット伝『Different Every Time』によると、社会活動家だったキャロライン(のちメロディ・メーカーにパンクの記事を書くようになり、クラッシュのマネージャーをしたり、ストラングラーズの「London Lady」のモデルになったりしています)の活動の一環としてのショーへの出演を契機に仲良くなったものの、重篤鬱状態とアルコール依存に陥って、自殺傾向があったワイアットは、キャロラインの目の前で手首を切って病院に運ばれ、関係は終焉したとのことです。キャロラインは自由恋愛主義だったので、歌詞にあるような「man and wife」の関係は望むべくもなかったようです。
同書によると、「O Caroline」誕生のいきさつは、キャラヴァンをやめてポルトガルに滞在していたデイヴ・シンクレアがワイアットからの電報でイギリスに呼び戻され、シンクレア宅を訪ねて来たワイアットに新しく作った曲を演奏して聞かせていると、そのうちの一曲を気に入ったワイアットが歌詞を付けて歌いたいと言い出して、その後スタジオでシンクレアがピアノとオルガンのパートを入れて帰ったあとでワイアットが一晩かかってメロトロンとヴォーカルのパートを入れて完成させたということです。

★★★★★ 


Part Of The Dance


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Robert Wyatt  『A Short Break』 

Robert Wyatt 
『A Short Break』 
ロバート・ワイアット 
『ショート・ブレイク』 


CD: Voiceprint / Blueprint 
VP108CD / BP108CD 
Made in Austria 

MSI/TOKYO 
MSIF 3307 (1995年) 
¥2,000(税込)/¥1,942(税抜) 

 


帯文:

ロバート・ワイアットの92年録音アルバム。マッチング・モウル時代を彷彿とさせるサウンドが懐かしさを感じさせる一枚。」


1. A Short Break (Wyatt)  4:14 
ア・ショート・ブレイク 
2. Tubab (Wyatt)  3:29 
ツバブ 
3. Kutcha (Wyatt)  3:54 
クチャ 
4. Venti Latir (Wyatt)  5:11 
ベンチ・ラティール 
5. Unmasked (Tutti/Carter/Wyatt)  3:35 
アンマスクド 


*Tubab* means a rich European - a person from across the great *baa*, the sea. 
*Kutcha* is a sauce. 
*Venti Latir* is a dance like an electric fan, from the french *ventilateur*. 
These *Wolof* words come from the glossary of Mark Hudson's book "Our Grandmothers' Drums". 


All Instruments and vocals by Robert Wyatt
Recorded on 4-Track at home, summer 1992. 

The photographs were taken forty years ago. 

Cover Idea and Realisation: 
Alfreda Benge and Peter Hartl 

Coordination for Voiceprint UK: Robin Healing 


「A Short Break 
20 odd minutes at home 

oh... yes... In other words, take five, a space made vacant between daily tasks, literally, a vacation. 

Some forty years ago, I was taken on holiday, to another Atlantic coast, to Portugal, and discovered that there are different ways of behaving. 

("IS EVERY MOMENT FOREVER?") 

A few disorientating images remain, a few ghosts: the boy in the water, that was me (the little man, in the bowler hat, paddling on the shore, circulated on my earlier Rough Trade records, could that have been another me?) 

("OR NEVER?") 

But right here, right now, no studio cosmetics, just five abstracted sketches, postcards from the home front (I have to take, now and then, some time out for a short break.) 

Robert Wyatt. August 1992」


「This Compact-Disc is approximately 21 minutes of new music. Please do not confuse this with either a full length CD or a CD-Single. It has been sold to your retailer with this in mind.」


◆本CDについて◆

輸入盤国内仕様。原盤ブックレット(三つ折り)にRobert Wyattによるライナーノーツ、トラックリスト&クレジット、写真図版(モノクロ)5点。投げ込み(十字折り)にトラックリストと大鷹俊一によるライナーノーツ(1995年7月7日)、原盤ライナーノーツ日本語訳(小山景子)、#5「アンマスクド」歌詞(英文)と日本語訳(中山義雄)。

1992年リリース。ロバート・ワイアット自筆の文章&イラストを掲載した20頁の本が付いた限定版ボックスも出ています。

#5は元スロッビング・グリッスルクリス・カーター&コージー・ファンニ・トゥッティとの共作で、1988年リリースのCTI『CORE』収録曲の再録音です。

日常のなかの5分間の休憩時間(take five)に自宅録音された5つのトラックが収められた本CDは、ミニマルでDIYなローファイ音響によって時間を廃棄し、ひとときの休息を永遠の今に変え、大人になってしまった自分自身を40年前の少年の幽霊へと化す試みなのではなかろうか。

ワイアット自身は本作について「このミニアルバムは僕にとって大切なものだ。独自な、小さなダイヤモンドの原石だ(It means a lot to me this little record. It's unique. It's a little rough diamond.)」(Marcus O'Dair『Different Every Time: The Authorised Biography of Robert Wyatt』)と語っています。

★★★★★