幻の猫たち 改訂版

まぼろしの猫を慕いて

Altan  『The Widening Gyre』 

Altan 
『The Widening Gyre』 
アルタン 
ザ・ワイドニング・ジャイル~広がる螺旋 


CD: Compass Records 
7 4640 2 (2015) 

発売元:(株)プランクトン 
VIVO-443 (2015年) 
定価2,500円+税 

 

 

帯文: 

アイルランド音楽
ケルト音楽
来日記念盤」
アイリッシュ・トラッドの最高峰バンド、アルタン初のナッシュヴィル録音。
ここに、アイリッシュ・ミュージック史に残る大傑作が完成!
ジェリー・ダグラス、エディ・リーダーティム・オブライエン
アリソン・ブラウンほか、多数のゲスト・ミュージシャンが集結!」


帯裏文: 

アコーディオン奏者が交代した新生アルタンによる第一弾は、アパラチア音楽からアイルランド音楽への逆影響を探ることで、アルタンというバンドの背景と歩みを考察した野心作だ。オールドタイミー/ブルーグラス界のスーパー・プレイヤーたちもこぞって参加!
松山晋也

●参加ゲスト・ミュージシャン 
ジェリー・ダグラス、エディー・リーダー、ティム・オブライエン、アリソン・ブラウン、メアリー・チェイピン・カーペンター、マイケル・マクゴールドリック、スチュワート・ダンカン、ジム・ヒギンス、ケニー・マロン、ギャリー・ウェスト、トッド・フィリップス、ブールス・モルスキー、ジェニー・フリーノア、ダロール・アンガー、ナタリー・ハース、ウィル・バロウ、ジュリー・グラウブ・ウィームズ、サム・ブッシュ、ブライアン・サットン 他」


1. Maggie's Pancakes / Píobaire an Chéide / The Friel Deal (Reels)  3:36 
(Stuart Morrison / Traditional / Mairéad Ní Mhaonaigh) 
Alison Brown: Banjo 
Stuart Duncan: FIddle 
Jim Higgins: Bodhrán 
Kenny Malone: Percussion 
Todd Phillips: Bass 
Mark Kelly: Guitar 

2. No Ash Will Burn  3:22 
(Walt Aldridge) 
Bruce Molsky: Vocal, fiddle 
Jenee Fleenor: Harmony vocal 
Kenny Malone: Drums 
Garry West: Bass 
Mark Kelly: Guitar (left side) 
Dáithí Sproule: GUitar (right side) 

3. Buffalo Gals / Leather Britches / Leslie's Reel  3:55 
(Trad., arr. Altan) 
Darol Anger: Fiddle 
Alison Brown: Banjo 
Jim Higgins: Bodhrán 
Todd Phillips: Bass 
Mark Kelly: Guitar (left side) 
Dáithí Sproule: Guitar (right side) 

4. Má Théann Tú 'un Aonaigh  2:40 
(Trad., arr. Altan) 
Alison Brown: Banjola 
Natalie Haas: Cello 
Jim Higgins: Bodhrán 
Mark Kelly: Guitar, backing vocals 
Martin Tourish: Keyboards 
Ciaran Tourish: Backing vocals 

5. A Tune for Mairéad and Anna Ní Mhaonaigh  3:52 
(Daithi Sproule) 
Stuart Duncan: Fiddle 
Natalie Haas: Cello 
Dáithí Sproule: Guitar 

6. White Birds  4:40 
(Music by Fiona Black, poem by W.B. Yeats
Mary Chapin Carpenter: Vocal 
Will Barrow: Piano 
Mark Kelly: Guitar 

7. The Tin Key / Sam Kelly's Jig / The Gravediggers (Jigs)  3:24 
(Mark Kelly) 
Michael McGoldrick: Flute 
Alison Brown: Banjo (3) 
Jim Higgins: Bodhrán 
Kenny Malone: Percussion (2,3) 
Todd Phillips: Bass (2,3) 
Mark Kelly: Guitar 

8. Cúirt Robin FInley  4:17 
(Trad., arr. Altan) 
Darol Anger: Fiddle 
Natalie Haas: Cello 
Mark Kelly: Guitar (Ebow

9. The House Carpenter (Gypsy Davy)  4:33 
(Trad., arr. Altan) 
Tim O'Brien: Vocal, mandolin 
Julee Glaub Weems: Harmony vocal 
Alison Brown: Banjo 
Jim Higgins: Bodhrán 
Todd Phillips: Bass 
Mark Kelly: Guitar (left side) 
Dáithí Sproule: Guitar (right side) 

10. Samhradh (Slow Reel) / Aniar Aduaidh (Jig) / The Donegal Jig  6:11 
(Mairéad Ní Mhaonaigh / Mairéad Ní Mhaonaigh / Martin Tourish)
Alison Brown: Banjo 
Natalie Haas: Cello 
Jim Higgins: Bodhrán 
Todd Phillips: Bass (3) 
Dáithí Sproule: Guitar 

11. Lurgy Streams  4:02 
(Music by Dáithí Sproule, lyrics Trad.) 
Dáithí Sproule: Guitar, harmony vocal 

12. The Triple T (Thomas Tourish's Tune)  5:51 
(Ciaran Tourish) 
Darol Anger: Fiddle 
Alison Brown: Banjo 
Sam Bush: Mandolin 
Jerry Douglas: Dobro 
Stuart Duncan: Fiddle 
Jim Higgins: Bodhrán 
Todd Phillips: Bass 
Bryan Sutton: Guitar 
Mark Kelly: Guitar (left side) 
Dáithí Sproule: Guitar (right side) 

13. Far Beyond Carrickfinn  3:49 
(Ian Smith / Enda Cullen) 
Eddi Reader: Vocal 
Mark Kelly: Guitar, backing vocals 
Ciaran Tourish: Backing vocals 
Martin Tourish: Keyboards 

14. The Road Home  4:56 
(Martin Tourish) 
Darol Anger: Fiddle 
Jerry Douglas: Dobro 
Mark Kelly: Guitar 


Altan 
Mairéad Ní Mhaonaigh: Vocals, fiddle 
Ciarán Curran: Bouzouki 
Ciaran Tourish: Fiddle, octave fiddle, whistle, low whistle, vocals 
Dáithí Sproule: Guitar, vocals 
Mark Kelly: Guitar, vocals 
Martin Tourish: Piano accordion, keyboards 


Produced by Garry West and ALTAN 
Executive Producer: Howard Chu 

Recorded and mixed by Sean Sullivan at Compass Sound Studio, Nashville, TN except: 
Bruce Molsky recorded by Harley Fine at Super 70 Studio, Beacon, NY. 
Eddi Reader recorded by Mark Freegard at Kyoti Studio, Glasgow, Scotland. 
Natalie Haas recorded at her home studio. 
Michael McGoldrick recorded at his home studio. 
Julee Glaub Weems recorded by John Plymale at Overdub Lane, Chapel Hill, NC. 
Jim Higgins recorded by Sean Horsman at Ephemeral Studio, Co. Galway. 
Ciaran Tourish and Mark Kelly backing vocals recorded by Camille Champarnaud at Basement Takes Studio, Dublin, Ireland. 
Dáithí Sproule's harmony vocals recorded by Dik Shopteau at Godikgo Studio, Minneapolis, MN. 

Mastered by Randy LeRoy at Airshow Mastering, Takoma Park, MD 
Photography by Leila Grossman 
Package design by Roebrt Hakalski 
Front cover design by Édain O'Donnell 


◆日本語解説(松山晋也)より◆ 

「タイトルの「The Widening Gyre」(広がりゆく渦巻)は、(中略)ウィリアム・バトラー・イェイツ(William Butler Yeats 1865-1939)の詩「The Second Coming」(中略)の冒頭部分の文句からとられたものである。
 イエイツが1918年夏から19年初頭にかけて完成させたこの詩は、21年に出版された詩集「Michael Robartes And The Dancer」の中に収録された。当時ヨーロッパは第一次大戦で壊滅状態に陥り、ロシアでは革命後の内戦が続くなど、歴史的動乱のさなかにあった。アイルランドでは、1916年のイースター蜂起で高まった独立運動の気運が一気に拡大し、そのままアイルランド独立戦争(1919年1月~1921年7月)に突入したばかりの頃である。こうした世界/アイルランドの大変動期に、破滅と誕生の循環、あるいはキリスト教的再生というイェイツの神話的ヴィジョンをケルト的表象としての螺旋に託したのが、この「The Widening Gyre」なる詩だと言われる。」
「アルタンは、スタート時から一貫して、ドニゴール州の伝統音楽にこだわってきたが、特にこの10年ほどは、土着性というかローカル・バンドとしての出自を改めて自己確認するような方向性をより鮮明に打ち出すようになってきていた。」
「今作は、アコーディオン奏者が交替して最初のアルバムである。」
「そんなメンバー交代以上に本作の新しさを強く印象づけているのが、内容そのものである。なにしろ今回は、米国オールドタイミー/ブルーグラスに真正面から取り組んだ作品なのだから。いや、真正面から取り組んだというのは、ちょっと違うか。マレード自身の言葉を借りれば「アイリッシュ・ミュージックに対するアパラチアン・ミュージックの影響を探ることでアルタンというバンドの歴史を考察したもの」ということになる。視線の先にあるのは、常にドニゴールの伝統音楽なのだ。」
「アルタンは過去のアルバムでも、ジェリー・ダグラスをゲストに招くなど、随時ブルーグラス・シーンと接触してきたが、今回のように大人数が参加し、しかも丸々ナッシュヴィルで録音するというのは、もちろん初めてのことである。「彼らは音楽を通じてできた生涯の友人であり、その輪は長い歳月を経て広がってきた。今回のアルバムはそうした交友関係の記念碑的なものでもあるの」とマレードが語るゲスト陣の名をざっと挙げると、ティム・オブライエンマンドリン/ヴォーカル)、サム・ブッシュ(マンドリン)、ジェリー・ダグラス(ドブロ)、ブライアン・サットン(ギター)、スチュアート・ダンカン(フィドル)、ブルース・モルスキー(フィドル/ヴォーカル)、ダロール・アンガー(フィドル)、トッド・フィリップス(ベイス)、そしてアリソン・ブラウン(バンジョー)等々。まさにオール・スターズ。(中略)ひとりひとりがオールドタイミー/ブルーグラス・シーンの重鎮であり、(中略)③(中略)や、(中略)⑫などで、今作での目論見と成果はとりわけはっきりと確認できよう。」


◆本CDについて◆ 

国内仕様輸入盤。三面紙ジャケット(12.5×13.8cm)。ジャケットにトラックリスト&クレジット。歌詞は掲載されていません。
投げ込み(十字折り)にトラックリスト、松山晋也による解説、「Altan - DISCOGRAPHY」、CDジャケット図版(モノクロ)3点。

プランクトン」レーベルサイトの紹介文には「アイルランドスコットランド~アパラチア~ナッシュヴィルを見事につなぎ、ケルト音楽の「広がる螺旋」を作りあげた!」とあります。かつてシャーリー・コリンズもアパラチア民謡を積極的に取り上げ、ペンタングルもカーター・ファミリーの「永遠の絆」をカバーしたりしていましたが、アルタンの場合は自らのルーツを意識的に掘り下げていく過程で米国のルーツ・ミュージックと出会ってしまったわけで、日本でいえば神社のルーツを掘り下げていったら沖縄や韓国に通じてしまったような、リゾーム状に世界に広がる移民の輪であって、たいへん興味深いです。

★★★★☆ 


The House Carpenter (Gypsy Davy)


Samhradh (Slow Reel) /Aniar Aduaidh (Jig) /The Donegal Jig


The Triple T