ビッグピクチャー 『ビッグピクチャー』 

ビッグピクチャー 『ビッグピクチャー』 
Big Picture 


CD: LITTLE MORE RECORDS 
LMCA-1002 (2001年) 
定価¥2,625(税抜価格¥2,500) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210909134818p:plain

 

帯文: 

「フォーク・エレクトロニカ~ 
浮遊する記憶、よみがえる風景。
日本パンク界の伝説・PHEW(ex.AUNT SALLY 現MOST)が
長嶌寛幸(DOWSER)と組んだ新プロジェクト、BIG PICTURE!!」


帯裏文: 

「BIG PICTURE 
Phew 
伝説のパンクバンド、AUNT SALLYのヴォーカリストとして活動をスタート。坂本龍一やCAN、Neubautenのメンバー、そしてAnton Fierらとのコラボレーションを経て、現在は山本精一らとのバンド、MOSTでも活躍。その個性的なヴォーカルスタイルは「日本のブリジット・フォンテーヌ」とも「日本のニコ」とも評され、世界的評価も高い。
長嶌寛幸 
英国『Wire』誌で“シュトックハウゼンの再来”と評された電子音楽デュオ“DOWSER”のメンバー。大友克洋青山真治、石井聰互、福居ショウジンら先鋭的な映画監督の音楽も担当し、精力的な活動を続ける。

[参加ミュージシャン] 
寺井昌輝/千野秀一/近藤達郎/デニス・ガン大友良英Sachiko M山本久土

 
01.ひとことだけ (PHEW/NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Beats and Synthe/TERAI Masateru: CASIO/DENNIS Gunn: Guitar 

02.きょうのあらすじ (PHEW/NAGASHIMA Hiroyuki)
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Beats and Synthe/YAMAMOTO Hisato: Guitar Sample 

03.最近はこんな感じ (PHEW/NAGASHIMA HIroyuki) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Beats and Synthe/TERAI Masateru (Dowser): EMS/DENNIS Gunn: Guitar and Contrabass 

04.鍵 (PHEW/CHINO Syuichi) 
PHEW: Vocal/CHINO Syuichi: Piano 

05.bp session #01 (PHEW+NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Sample Management/SACHIKO M: Sine Wave 

06.テレビしか喋らない部屋で (PHEW/NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Beats and Synthe/TERAI Masateru: CASIO/DENNIS Gunn: Guitar 

07.音楽みたいに (PHEW/CHINO Syuichi) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Ambient Noise/CHINO Syuichi: Synthesizer 

08.また朝が来て (PHEW/KONDOH Tatsuo) 
PHEW: Vocal/DENNIS Gunn: All Instruments 

09.日曜日の午後 (PHEW/NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Vocal, Sampler/Nagashima Hiroyuki: Beats/Terai Masateru: EMS/Dennis Gunn: Guitar and Contrabass 

10.bp session #2 (PHEW+NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Sampler/Nagashima Hiroyuki: Sample Management/Sachiko M: Sine Wave 

11.television (PHEW/NAGASHIMA Hiroyuki) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Beats and Synthe/TERAI Masateru: EMS/DENNIS Gunn: Guitar 

12.どんな顔どんな背中 (PHEW
PHEW: Vocal, Sampler/CHINO Syuichi: Synthesizer/TERAI Masateru: EMS 

13.子供のように (PHEW/KONDOH Tatsuo) 
PHEW: Vocal, Sampler/NAGASHIMA Hiroyuki: Noise/KONDOH Tatsuo: Piano Sample/CHINO Syuichi: Synthesizer/TERAI Masateru: Casio/OHTOMO Yoshihide: Guitar 


big picture
PHEW/Vocal, Sampler
NAGASHIMA Hiroyuki (Dowser)/Sound Direction

CHINO Syuichi/Piano, Synthesizer
KONDOH Tatsuo/Piano Sample
TERAI Masateru (Dowser)/ EMS
DENNIS Gunn/Guitar
OHTOMO Yoshihide/Guitar
SACHIKO M/Sine Wave
YAMAMOTO Hisato/Guitar Sample

Produced by BIG PICTURE 
Recorded at GOK SOUND, Snail Shell, WonderWanker Studio and GE Studio. 
Engineered by KONDOH Yoshiaki (GOK SOUND), KONDOH Tatsuo (Snail Shell), DENNIS Gunn (WonderWanker Studio), NAGASHIMA Hiroyuki (GE Studio) 
All Tracks mixed by NAGASHIMA Hiroyuki 
Mastered by KOTANI Tetsuya at OMEGA SOUND 

Label producer: FUJITA Mitsuhiko, FUKUDA Tomonori 
Art direction & design: MIYAGAWA Takashi 


◆本CD収録曲歌詞より◆ 

「わかりました/なんでも/仰せのとおりに/いたしましょう/あなたの思いに/添いましょう/それから/穴を掘って/穴を深くし/穴に落ちましょう/最後に一言だけ/馬鹿野郎と叫んで」
(「ひとことだけ」より)

「きょうのあらすじ/目があいて/目を閉じて/何もみなかった/きょうのあらすじ/目があいて/目を閉じて/何もしなかった」
「記憶しなければ/ことばにならないうたを/叫びにならないこえを」
(「きょうのあらすじ」より)

「思わせぶりに/にっこりとして/煙のように/さりげなく/消えましょう」
(「最近はこんな感じ」より)

「また朝がきて また昼になり/また眠い午後 また日が暮れて/また暗くなり また寒くなり/また夜になり またひもじくなり/またうんざりしまたあきらめる/また投げ出してまた気が変わる/また何もせず またくたびれて/また食い散らしまた酔いつぶれ/笑う口を閉ざし笑う眼を閉ざし/短く息を吐き瞳のあかりを消す/何を求めて 何を捜して いままで生きここまで来た/よくわからないしわかりたくもない/どのみち後はないどのみち先もない/たくさんの影がうめきたくさんの夢がおびえる/流れ去って決してもどらず/過ぎ去って決してもどらず/時間はいつまでも流れ去り/また朝が来て また昼になり/また眠い午後 また日が暮れて/また暗くなり また寒くなり/また夜になり またひもじくなり・・・・」
(「また朝が来て」)
 
「日曜日の午後/窓際に座って/じっと掌を見つめて/落としたものばかり数えている/よく晴れた午後/いくらでも眠れそうな日/絵のように光るそら/くも/すこしの緑/すこしの花/きれいな景色/見られることに慣れているような/ときめきのない/マネキン人形のような/きれいなだけの風景/遠い/届かない/触れない風景」
(「日曜日の午後」より)

「笑う子供のようにまわりを照らし/眠る子供のように何も考えず/甘える子供のように誰かの名を呼び/精一杯に夢をたたえ/毎日毎日がまっさらで/嫌なものははっきり拒み/必要なものをうけいれ/困ったことがあれば人に頼り/話す言葉がうたになり/いつも視線は水平で/踊る子供のように/思いのままに/走る子供のように一心不乱に/遊ぶ子供のように今を生きたい」
(「子供のように」より)


◆本CDについて◆ 

透明ジュエルケース。巻三つ折りブックレットの外側にカラーイラストとクレジット。内側に歌詞と楽曲コメント。「もともとSamplerの弾き語りからBig Pictureって始まったんだよね」(長嶌)。

EGO-WRAPPIN'の「くちばしにチェリー」がききたくて毎回みていた「私立探偵 濱マイク」で、突然Phewの歌声が流れてきたので(本CD収録曲「また朝が来て」)ちょとびっくりしました。
そういうわけで、ベスト・トラックはデニス・ガン――戸川純『20th Jun Togawa』(2000年)、戸川純バンド『Togawa Fiction』(2004年)でも活躍――が大活躍の「また朝が来て」、Phewの「日曜日モノ」の中でも殊にすばらしい「日曜日の午後」、そして宮沢賢治雨ニモ負ケズ」の数十倍すばらしい「子供のように」。
本作はPhewのこれまでの、そしてこれ以降の音楽の記憶のカケラがそこここに転がっている澄み切った廃墟のようなアルバムでした。

★★★★★ 


子供のように

youtu.be

また朝が来て

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com