Mose Allison Trio  『Back Country Suite』

Mose Allison Trio 
Back Country Suite』 


LP: Prestige / Fantasy, Inc. 
OJC-075 (P-7091) (1983) 
Printed in U.S.A. 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211114194451p:plain


SIDE 1 

Back Country Suite 
for Piano, Bass and Drums 
1. New Ground  2:01 
2. Train  1:46 
3. Warm Night  1:42 
4. Blues  1:24 
5. Saturday  1:21 
6. Scamper  2:11 
7. January  1:38 
8. Promised Land  1:58 
9. Spring Song  1:19 
10. Highway 49  1:36 
Composed by Mose Allison 


SIDE 2 

1. Blueberry Hill (Lewis-Stock-Rose)  2:55 
2. You Won't Let Me Go (Allen-Johnson)  3:42 
3. I Thought About You (Van Heusen-Mercer)  3:49 
4. One Room Country Shack (Mercy Dee Walton)  3:01 
5. In Salah (Mose Allison)  3:46 


Mose Allison, piano 
Taylor La Fargue, bass 
Frank Isola, drums 

Supervision by Bob Weinstock 
Recorded by Van Gelder 


◆本LPライナーノーツ(Ira Gitler)より◆ 

「When I asked him to name his favorite pianists, Mose declined to name them all because the list would be too long. He did name Al Haig and Thelonious Monk as being "among my favorites".」


◆本LPについて◆ 

モーズ・アリソン『バック・カントリー・スイート』。プレスティッジから1957年にリリースされた1st(PRLP 7091)のOJC(Original Jazz Classics)再発盤です。

E式シングルジャケ(印刷した紙を折って糊付けしたやや薄めの簡易なやつです)。裏ジャケにトラックリスト&クレジット、アイラ・ギトラーによるライナーノーツ(英文)、写真図版(モノクロ)1点。

モーズ・アリソンといえば呟くようにさりげなく歌うブルースが印象的ですが、本作では歌は2曲(「Blues」「One Room Country Shack」)のみで、ピアノ演奏が中心になっています。その2曲のうち「Blues」は「Young Man Blues」のタイトルで「ザ・フー」もカバーしていて、ピート・タウンゼントはOJCからCDで出た『Greatest Hits』(これには「Young Man's Blues」のタイトルで収録されています)にライナーノーツを寄せています。ウィキペディアによるとザ・フーの他にもジミ・ヘンドリックスヤードバーズローリング・ストーンズヴァン・モリソントム・ウェイツピクシーズといったロックレジェンドにも影響を与えているということなので、これはたぶんすごいことなのではないでしょうか。

★★★★★ 

 


Young Man's Blues


The Who - Young Man Blues