モーガン・フィッシャー  『気まぐれなサティ』 

モーガン・フィッシャー 
『気まぐれなサティ』 
Morgan Fisher 
Inside Satie 


CD: ONOFF/(株)徳間ジャパンコミュニケーションズ 
TKCB-71492 (1998年) 
¥2,500(定価)(税抜価格¥2,381) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211113035758p:plain


帯文: 

モーガン・シェフが調理したエリック・サティ・フルコースでどうぞ。」


帯裏文: 

モーガン・フィッシャー
キーボード奏者・作曲家。
70年代デビッド・ボウイのプロデュースで数々のヒットを放った英国の人気バンド、“モット・ザ・フープル”のメンバーとして活躍。その後、日本を拠点としてクィーンのワールド・ツアーやTHE BOOM、ジュリー・クルーズはじめ多くのミュージシャンと共演し又、そのアンビエント的なアプローチで自身のアルバム制作やTVCM、映画音楽などを手掛けている。」


1.グノシエンヌ 第1番 3:10 
Gnossienne #1 (variation 1) 
[cabaret piano] 
"smoke...drink...late night...loose friends...and inside, I feel the same as I did when I was a baby." 
2.ジムノペディ 第1番 5:09 
Gymnopedie #1 (variation 1) 
[sugar plum piano / water bell synthesizer] 
"run little gymnast dance little friend (I'm thrilled and awed by the purity of young boys)" 
3.グノシエンヌ 第3番 4:24 
Gnossienne #3 (variation 1) 
[street corner mouth accordion] 
"today I ordered twelve gray velvet suits - all the same! Tomorrow I'll buy twelve umbrellas to match! Another glass of absinthe please, Marcel." 
4.グノシエンヌ 第3番 2:48 
Gnossienne #3 (variation 2) 
[organ ripple synthesizer] 
"inside my heart is an ancient Greek vase, turning slowly and forever catching the sunlight!" 
5.ジムノペディ 第1番 2:59 
Gymnopedie #1 (variation 2) 
[hesitant piano / confident lips] 
"calm and at ease in my bedroom - is love only a dream?" 
6.グノシエンヌ 第1番 5:46 
Gnossienne #1 (variation 2) 
[french ice piano / siberian snow synthesizer] 
"lonely, lonely, lonely Paris - long midnight walks - oh, dear me!" 
7.グノシエンヌ 第1番 0:53 
Gnossienne #1 (variation 3) 
[german haiku pianica] 
"there's a small poodle living across the road, who stares at me with deep, dark, glittering eyes - as if we were brothers." 
8.ジムノペディ 第3番 2:17 
Gymnopedie #3 
[family piano / a hint of la-la-la] 
"I can't decide if I'm happy or sad, but still, I can make a love song at home - it's safe here!" 
9.グノシエンヌ 第2番 3:04 
Gnossienne #2 
[perrier swing synthesizer] 
"the whole world is reflected in my glasses: smiling negroes in tuxedos walk through the Bois de Boulogne with their fur-clad mistresses." 
10.ジムノペディ 第2番 2:54 
Gymnopedie #2 
[resonant concert piano / tide synthesizer] 
"the first time I played in a large concert hall - what a sound! The walls sang back to me!" 
11.ジムノペディ 第1番 4:12 
Gymnopedie #1 (variation 3) 
[festival soft fanfare synthesizer] 
"how will they ever know the real me? I don't know myself. And all's well." 

compositions by Morgan Fisher 
based on themes by Erik Satie

produced by Morgan Fisher and Ryoji Fukui 
engineer: Michiaki Sasaki 
assistant engineers: Kiyonori "jean" Jinnnouchi and Kazumasa Morita 
cover photo by (C) Regina Deluise / Bonni Benrubi Gallery 
inner photo by Morgan Fisher 
designed by Junko Ishino 
piano tuned by Yasuhiro Chono 
recorded at studio DIG, Tokyo June 15, 16, 19, 1985 
licensed from METROTORON RECORDS 


[bonus tracks] 
12.エメラルドの島 2:41 
The Emerald Isle 
13.イン・ア・ジェントル・ウエイ 4:32 
In A Gentle Way 
14.ゴーイング・ノーホエア 2:53 
Going Nowhere 

recorded 1984 at Pneuma Studio, Tokyo (except "Going nowhere". recorded live at Parco Space Part 3, 1984/6/26). 
mixed at Studio Dig, Tokyo, by Michiaki Sasaki, 1984/9/23. 
originally released on the compilation album "A Slice Of Life" (LLE Records, 1984/12). 
percussion on "In A Gentle Way" by Pneuma. 
composed by Morgan Fisher. 

Erik Satie: born 1866 died 1925 reborn 1985 


◆本CD解説(小沼純一)より◆ 

「《インサイド・サティ》はオリジナルのシンプルさを生かしながら、ほんのちょっとひねっている。或いは、誰しもサティを聴いたり弾いたりしながら、ふっと想像した「別」の、「もうひとり」のサティがここでは実現されているとでも言ったらいいか。《ジムノペディ》のテンポをはやめて、ワルツみたいに、更にはやめてサーカスの音楽のようにしてみる。音色も変えてみる。(中略)モーガンは、サティの良く知られた曲が詰っている箱をゆっくりと開け、そこからちょっとちがった宝物のようなサティ曲を、魔法のようにみせてくれるのだ。」


◆本CDについて◆ 

デジパック仕様。投げ込み(十字折り)にトラックリスト&クレジット、小沼純一による解説。

1985年リリース作の再発CD(ボーナストラック付)です。

★★★★☆ 


Gymnopedie #1 (variation 1) 
[sugar plum piano / water bell synthesizer]