『Webern Conducts Berg: Violin Concerto』  Louis Krasner / BBC Symphony Orchestra

『Webern Conducts Berg: Violin Concerto』 
Louis Krasner / BBC Symphony Orchestra 


CD: Continuum Records 
SBT 1004 (1991) 
Printed in the Federal Republic of Germany 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211013143217p:plain

 

WEBERN conducts BERG: VIOLIN CONCERTO 


Concerto for Violin and Orchestra (1935) [29.45] 
1. I Andante - Allegretto [13.19] 
2. II Allegro - Adagio [16.24] 

Louis Krasner, violin 
BBC Symphony Orchestra, conducted by Anton Webern 
Recorded 1 May 1936. 


Lyric Suite for string quartet (1925-1926) [27.32] 
3. I Allegretto giovale [2.55] 
4. II Andante amoroso [5.01] 
5. III Allegro misterioso - Trio estatico [3.36] 
6. IV Adagio appassionato [6.06] 
7. V Presto delirando - Tenebroso [3.49] 
8. VI Largo desolato [5.52] 

Galimir String Quartet 
(Felix Galimir and Adrienne Galimir / violins, Renée Galimir / viola, marguerite Galimir / cello) 
Recorded 1936. 


Total playing time 57.27 


A Continuum digital recording, reprocessed from analogue originals. 
Realization of the Violin Concerto from Professor Krasner's acetate disc recordings by Richard C Burns, Packburn Electronics Inc., Syracuse, NY, USA. 
Digital mastertape by Packburn Electronics Inc., NY, USA. 
Booklet designed and edited by Lewis Foreman. 
Photograph of Louis Krasner from Professor Krasner's personal collection. 
Production director for Continuum, Murray Khouri 


◆本CDについて◆ 

アルバン・ベルク「ヴァイオリン協奏曲」(ルイス・クラスナー/BBC交響楽団)&「抒情組曲」(ガリミール弦楽四重奏団)、共に1936年の歴史的録音です。

ブックレット(全32頁)にトラックリスト&クレジット、「Alban Berg」「Violin Concerto」「Louis Krasner」「Lyric Suite for string quartet」「Galimar String Quartet」(無記名)、「About Webern as conductor」(Louis Krasner)、「Transcribing the recordings」(Richard C. Burns)、「Webern conducts for the BBC 1929-1936」(Lewis Foreman)、「Webern als Dirigent für die BBC.」(Lewis Foreman/übersetzung Julia Chandler)、写真図版(モノクロ)4点。

ヴァイオリニストのルイス・クラスナーがベルクに依頼した「ヴァイオリン協奏曲」が初演されたのはベルク逝去後の1936年4月19日、バルセロナでのISCM(国際現代音楽協会)音楽祭でのことでしたが、指揮者に予定されていたウェーベルンは言葉の問題などもあってリハーサルが上手くいかず、本番前日に仕事を放棄して姿を消してしまい、急遽代役としてヘルマン・シェルヘンが指揮を担当することになりました。
実際にウェーベルンが「ヴァイオリン協奏曲《ある天使の思い出に》」を指揮したのは同年5月1日ロンドンでのことで、そのときの録音をクラスナーが保管していた78回転アセテート盤から最新技術を使ってトランスファーしたものが本CD前半に収録されているBBC交響楽団との演奏です。
CD後半には1936年に録音・リリースされたガリミール弦楽四重奏団による「抒情組曲弦楽四重奏版が収録されています。
ブックレットの記事も当事者クラスナーの回想(雑誌掲載文の再録)や詳細な解説など充実しています。

★★★★★ 


Berg: Violin Concerto

youtu.be