『シェーンベルク: 月に憑かれたピエロ』  ピエール・ブレーズ/イヴォンヌ・ミントン

シェーンベルク月に憑かれたピエロ』 
ピエール・ブレーズ/イヴォンヌ・ミントン   


LP: 株式会社CBSソニー 
25AC 684 (1978年) 
¥2,500 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211014001158p:plain

 

帯文: 

「この演奏には、仲間同志の親しい会話のような音楽による喜びが溢れている。――船山隆氏」


シェーンベルク 
Shönberg 


月に憑かれたピエロ」作品21 
Pierrot Lunaire 
メロドラマ 
詩: アルベール・ジロー 
ドイツ語訳: オットー・ハルトレーベン 


Side A 

〔第1部〕 Part I 11:48 
1.月に酔い Mondestrunken 
2.コロンビーナ Columbine 
3.伊達男(ダンディ) Der Dandy 
4.蒼ざめた洗たく女 Eine blasse Wascherin 
5.ショパンのワルツ Valse de Chopin 
6.聖母(マドンナ) Madonna 
7.病める月 Der kranke Mond 

〔第2部〕 Part II 10:45 
8.夜 Nacht 
9.ピエロへの祈り Gebet an Pierrot 
10.盗み Raub 
11.赤いみさ Tore Messe 
12.絞首台の歌 Galgenlied 
13.打ち首 Enthauptung 
14.十字架 Die Kreuze 


Side B 

〔第3部〕 Part III 11:05 
15.郷愁(ノスタルジア) Heimweh 
16.悪趣味 Gemeinheit 
17.パロディー Parodie 
18.月のしみ Der Mondfleck 
19.セレナード Serenade 
20.帰郷 Heimfahrt 
21.おお なつかしい香りよ O Alter Duft 


イヴォンヌ・ミントン: シュプレッヒ シュティンメ 
Yvonne Minton, Sprechstimme 
ピンカス・ズーカーマン: ヴァイオリン&ヴィオラ 
Pinchas Zukerman, Violin & Viola 
リン・ハーレル: チェロ 
Lyn Harrell, Cello 
ミッシェル・ドボ(デボスト): フルート&ピッコロ 
Michel Debost, Flute & Piccolo 
アントニー・ペイ: クラリネット&バス・クラリネット 
Antony Pay, Clarinet & Bass Clarinet 
ダニエル・バレンボイム: ピアノ 
Daniel Barenboim, Piano 
ピエール・ブレーズ: 指揮 
Pierre Boulez, Conductor 

1977年6月20~21日 パリのリバン教会にて録音 
プロデューサー: ロイ・エマーソン 
エンジニア: ロバート・グーチ、マイク・ロス=トレヴァー 
Front cover art: Le Soir du Carnaval (Rousseau) 


◆本LP歌詞対訳(柴田南雄)より◆ 

「DER DANDY 

Mit einem phantstischen Lichtstrahl 
Erleuchtet der Mond die krystallnen Flacons 
Auf dem Schwarzen, hochheiligen Waschtisch 
Des schweigenden Dandys von bergamo. 

In tönender, bronzener Schale 
Lachat hell die Fontäne, metallischen Klangs. 
Mit einem phantastischen Lichtstrahl 
Erleuchtet der Mond die krystallnen Flacons. 

Pierrot mit dem wächsernen Antlitz 
Steht sinnend und denkt: wie er heute sich schminkt? 
Fort schiebt er das Rot und des Orients Grün 
Und bemalt sein Gesicht in erhabenem Stil 
Mit einem phantastischen Mondstrahl. 

「伊達男(ダンディ) 

月は 幻想にみちた光線で 
ベルガモ生まれの物言わぬ伊達男の 
黒い聖なる洗面台の上の 
水晶のびんを照らし出す。

水流は音を立てる青銅の受け皿の中に 
金属的な響きを立てて明るく笑う。
月は幻想にみちた光線で 
水晶のびんを照らし出す。

百面相のピエロは今日のメーキャップを 
どうしようかと思案しながら立っている。
ルージュやオリエンタル・グリーンを押しやって 
幻想にみちた月の光でその顔を 
彼はおごそかなつくりに化粧する。」

「DER KRANKE MOND 

Du nächtig todeskranker Mond 
Dort auf des Himmels schwarzem Pfühl, 
Dein Blick, so fiebernd übergross, 
Bannt mich wie fremde Melodie. 

An unstillbarem Liebesleid 
Stirbst du, an Sehnsucht, tief erstickt, 
Du nächtig todeskranker Mond 
Dort auf des Himmels schwarzem Pfühl. 

Den Liebsten, der im Sinnenrausch 
Gedankenlos zur Liebsten geht, 
Belustigt deiner Strahlen Spiel - 
Dein blieches, qualgebornes Blut, 
Du nächtig todeskranker Mond.」

「病める月 

お前 天の黒い枕の上で 
死の病にとりつかれた夜の月よ 
熱にうかされたように巨大なお前のまなざしは 
耳なれぬ旋律のように私をとらえる。

静まることのない恋の悩みに 
あこがれにうちひしがれてお前は死ぬ 
お前 天の黒い枕の上で 
死の病にとりつかれた夜の月よ。

お前の光の戯れは 
感情に酔い われを忘れて恋人へと 
したい寄る恋人に幸を与える―― 
苦痛から生まれたお前のあお白い血潮 
死の病にとりつかれた夜の月よ。」

「NACHT 

Finstre, schwarze Riesenfalter 
Töteten der Sonne Glanz. 
Ein geschlossness Zauberbuch, 
Ruht der Horizont - verschwiegen. 

Aud dem Qualm verlorner Tiefen 
Steigt ein DUft, Erinnrung mordend! 
Finstre, schwarze Riesenfalter 
Töteten der Sonne Glanz. 

Und vom Himmel erdenwärts
Senken sich mit schweren Schwingen 
Unsichtbar die Ungetüme 
Auf die Menschenherzen nieder... 
Finstre, schwarze Riesenfalter.」

「夜 

不吉な黒い化物のような蝶たちが 
太陽の輝きを殺したのだ。
閉ざされた魔法の書が 
地平線に横たわる――黙して。

失われた深淵の濛気の中から 
想い出を窒息させながら霧が立ちのぼる! 
不吉な黒い化物のような蝶たちが 
太陽の輝きを殺したのだ。

そして天空から地上へと
重々しく羽搏いて 
見えざる怪物は舞いおりる 
人々の心の上へと…… 
不吉な黒い化物のような蝶たちが。」

「HEIMWEH 

Lieblich klagend - ein krisstallnes Seufzen 
Aus Italiens alter Pantomime, 
Klingts herüber: wie Pierrot so hölzern, 
So modern sentimental geworden. 

Und es tönt durch seines Herzens Wüste, 
Tönt gedämpft furch alle Sinne wieder, 
Lieblich klagend - ein krisstallnes Seufzen 
Aus Italiens alter Pantomime 

Da vergisst Pierrot die Trauermienen! 
Durch den bleichen Feuerschein des Mondes, 
Durch des Lichtmeers Fluten - schweift die Sehnsucht 
Kühn hinauf, empor zum Heimathimmel, 
Lieblich klagend - ein krystallnes Seufzen!」

「郷愁(ノスタルジア) 

愛すべき彼の嘆き――水晶のため息か 
イタリアの昔のパントマイムから 
時を超えて響いてくる:何とピエロもぎこちなく 
近代的にセンチメンタルになったことか。

そして それは彼の心の荒野から 
彼のすべての感覚を通して柔かく響く。
愛すべき彼の嘆き――水晶のため息が 
イタリアの昔のパントマイムから。

するとピエロは悲しげな表情を忘れ去る! 
月の蒼白い火の輝きをつきぬけ 
光の海の潮を通りぬけ――憧れは 
故郷の空たかく奔放に翔けていく 
愛すべき彼の嘆き――水晶のため息が。」

「HEIMFAHRT 

Der Mondstrahl ist das Ruder, 
Seerose dient als Boot: 
Drauf fährt Pierrot den Süden 
Mit gutem Reisewind. 

Der Strom summt tiefe Skalen 
Und wiegt den leichten Kahn. 
Der Mondstrahl ist das Ruder, 
Seerose dient als Boot. 

Nach Bergamo, zur Heimat 
Kehrt nun Pierrot zurück, 
Schwach dämmert schon im Osten 
Der grüne Horizont. 
- Der Mondstrahl ist das Ruder. 」

「帰郷 

月の光を舵として 
水蓮の葉を舟として。
折よく追風にのるピエロ 
南をさしてこぎくだる。

流れは 低くつぶやいて 
小舟をやさしく揺らす。
月の光を舵として 
水蓮の葉を舟として。

さあ ピエロはベルガモに 
生まれ故郷に帰るのだ。
東の方 緑と地平線は 
もうほのぼのと明けそめる。
――月の光を舵として。」


◆本LPについて◆ 

厚紙シングルジャケット。ジャケ裏に船山隆による解説「IRCAMの《ピエロ・リュネール》」、インサートに歌詞対訳(柴田南雄)。

★★★★★