『シェーンベルク: ピアノ協奏曲ほか』 グレン・グールド/ロバート・クラフト指揮 CBC交響楽団

シェーンベルク: ピアノ協奏曲ほか』 
シェーンベルク作品集 2 
グレン・グールドロバート・クラフト指揮 CBC交響楽団
グレン・グールドの世界 21 

Schönberg: 
Piano Concerto 
Fantasy 
Ode to Napoleon Buonaparte 

Glenn Gould
The BBC Symphony Orchstera 
Robert Craft 
Israel Baker 
The Juilliard Quartet 
John Horton 


CD: CBS/Sony Records 
シリーズ: グレン・グールドの世界 
28DC 5271 (1989年) 
税込定価¥2,627(税抜価格¥2,550) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211014165527p:plain


シェーンベルク 
Schönberg 


1.ピアノ協奏曲 作品42 19:39 
Concerto for Piano and Orchestra, Op. 42 
(ロバード・クラフト指揮/CBC交響楽団) 
Glenn Gould, Piano 
The CBC Symphony Orchestra 
Robert Craft, Conductor 

2.ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 作品47 8:36 
Fantasy for Violin and Piano, OP. 47 
イスラエル・ベイカー: ヴァイオリン) 
Israel Baker, Violin 
Glenn Gould, Piano 

3.ナポレオン・ボナパルトに寄せる頌歌 作品41 15:46 
バイロンの詩による〉 
Ode to Napoleon Buonaparte, Op. 41 
(Poem by Lord Byron) 
(ジョン・ホートン: 語り/ジュリアード弦楽四重奏団
The Juilliard Quartet 
Glenn Gould, Piano 
John Horton, Speaker 


グレン・グールド(ピアノ) 
Glenn Gould, Piano 

録音
[1]’61年1/21 Toronto 
[2]’64年7/10 
[3]’65年2/3、4 NYC 

「アナログ録音のため一部、テープ・ヒス、ノイズが有りますが御了承下さい。」


◆本CD解説(船山隆)より◆ 

「ピアノ協奏曲 作品42」
「この作品は、1942年7月5日にスケッチが開始され、同年12月30日に完成された。」
「このスケッチには次のような言葉が書き記されている。
 《穏やかな人生に、
 突然憎しみがわき起り、
 (モルトアレグロ♪=72) 
 暗い状況が作りだされるが、(アダージョ)しかし人生はなにもなく過ぎていく。(ロンド)》」

「ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 作品47」
「《ヴァイオリンのためのファンタジー、ピアノ伴奏つき》という原タイトルのこの作品は、1949年の春かなり短い期間に一気に書きあげられた。ロスアンジェルスに住む友人の委嘱によって書きはじめられ、3月3日から28日の3週間にも満たない短期間に完成されている。」
シェーンベルクは、ナチに追われてアメリカに渡った翌1934年からロスアンジェルスに住んでおり、美しい風景とヨーロッパ風の気候にめぐまれたこのカリフォルニアの都市は、シェーンベルクのいわば第二の故郷であった。」
シェーンベルク晩年の書斎は、有名な写真があり広く知られているが、ピアノとハルモニウムがならんで置かれ、書架には多くの楽譜がならべられている。その作曲部屋は、一見雑然としているようだが実に合理的に配置され、シェーンベルクの音楽そのものを思わせるものがある。」

ナポレオン・ボナパルトに寄せる頌歌 作品41」
弦楽四重奏とピアノと語り手のためのこの作品は、1942年にアメリカのロスアンジェルスで作曲された。草稿には、1942年3月12日作曲開始、1942年6月12日作曲完成とあるから、3ヶ月ほどの短期間で書きあげられたことになる。」
「テキストは、イギリスのロマン派の詩人G.G.バイロン(1788-1824)。(中略)フランス革命のあと、自由・平等・博愛の思想をひっさげてさっそうと登場したナポレオンは、このロマン派の詩人の目には理想的な政治家と映る。しかし勝者ナポレオンはしだいに独裁者の姿を現わす。このバイロンの《頌歌》は、そうした独裁者ナポレオンに対する激しい告発であり非難の歌であるのだ。」
シェーンベルクは、100年以上も前に書かれたバイロンの頌歌のなかに、20世紀中葉のヨーロッパの政治的危機をみているのである。つまりナポレオンの姿は、独裁者ヒットラーに他ならず、シェーンベルクはこの作品で、独裁者ヒットラーファシズムを激しく告発しその破滅を予言している。」


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全20頁)にトラックリスト(日本語表記)、曲目解説(船山隆/25AC2013レコード解説より転載)、歌詞対訳(鍵谷幸信・西美子)――バイロンナポレオン・ボナパルトへの頌歌(オード)。

★★★★★ 


Ode to Napoleon Buonaparte, Op. 41