幻の猫たち 改訂版

まぼろしの猫を慕いて

Soft Machine  『Backwards』 

Soft Machine 
『Backwards』 

ソフト・マシーン 
バックワーズ 


CD: Cuneiform Records 
Rune 170 (2002) 
Made in the USA 

Arcàngelo 
ARC-2170 
税抜価格¥2,500(税込価格¥2,625) 

 


帯文:

ギルガメッシュ、ナショナル・ヘルス、マッチング・モール… 数々の驚異の音源達に続き再び甦るファン待望の希少音源。
最も輝いていた70年代の、在りし日の姿を克明に捉えた最高の演奏の姿を味わう至福の瞬間。 【日本語解説付/解説:坂本理】」


原盤帯文:

「BACKWARDS is all unreleased recordings from several of the most interesting and creative periods of Soft Machine's existence. The twelve page booklet includes liner notes by Aymeric Leroy and rare photos. 
"...one of the most adventurous avant-garde rock bands ever..." - Relix 
"...a reminder of the power of Soft Machine live at full throttle." - The Wire


1. Facelift (Hugh Hopper)  18:49 
2. Moon In June (Robert Wyatt)  7:38 
3. Esther's Nose Job (Mike Ratledge)  12:55 
4. Facelift (Hugh Hopper)  8:32 
5. Hibou Anemone And Bear (Mike Ratledge/Robert Wyatt) [excerpt]  4:00 
6. Moon In June - demo (Robert Wyatt)  20:46 


Tracks 1-3 were recorded in late May, 1970 in London, England. 
Tracks 4-5 were recorded in late November, 1969 in Paris, France. 
The first part of track 6 was recorded in October and November, 1968 in the USA, 
while the second part was recorded in mid 1969 in England. 


Mark Charig - cornet  4/5 
Elton Dean - alto sax, saxello  1/2/3/4/5 
Lyn Dobson - soprano sax, tenor sax  4/5 
Nick Evans - trombone  4/5 
Hugh Hopper - bass  all tracks 
Mike Ratledge - electric piano, organ  all tracks 
Robert Wyatt - drums, vocals [all instruments on the first half of track 6 and additional keyboards on the second half of track 6]  all tracks 


Cuneiform Records would like to thank the following people who made this release possible: 
Phil Smee and Mac MacLeod for supplying the May, 1970 tape. 
Roy Willbraham for supplying the November, 1969 tape. 
Chris Cutler and Michael King for supplying the Moon In June demo. 


Quartet photos by Shep Shepherd 
Package Design by Bill Ellsworth 
Release coordination by Steven Feigenbaum 
Digital transfers by Michael King at Sounds Good and Matt Murman at SAE Mastering 
Sonic clean up and final mastering by Matt Murman at SAE Mastering 


◆本CDについて◆ 

透明ジュエルケース。ブックレット(全12頁)にAymeric Leroyによるライナーノーツ(「The May 1970 tape」「The septet tape」「The Moon In June demo」)、クレジット、写真図版(モノクロ)7点。インレイにトラックリスト&クレジット。投げ込み(十字折り/片面印刷)にトラックリスト&クレジット、坂本理による解説(2002.4.7)。

『Spaced』『Virtually』『Noisette』に続く、キュニフォーム・レーベルのソフト・マシーン発掘音源集第4弾。
#1~3は『Third』録音完成直後の1970年5月下旬、ロンドンでのライヴ(モノラル)。当時ソフト・マシーンのローディーだったRod YallopからMac MacLeodが貰い受けて30年間寝かせておいたテープがPhil Smeeに譲り渡され、キュニフォームからリリースされることになったもので、『Volume Two』のマイク・ラトリッジ、ヒュー・ホッパー、ロバート・ワイアットのトリオにブラス(エルトン・ディーン、マーク・チャリグ、ニック・エヴァンス、リン・ドブソン)が加わってセプテットになり、そこからチャリグ、エヴァンスが抜けてクインテットに、さらにドブソンが抜けてラトリッジ、ホッパー、ワイアット、ディーンのカルテットに落ち着いた段階での演奏です。#1、2は『Third』、#3は『Volume Two』収録曲。
#4、5は遡って1969年10月、セプテットでの数少ない録音の一つ。音質はあまりよくないです。
#6「Moon in June」(ワイアット作)はさらに遡って、前半は1968年、ラトリッジ、ワイアット、ケヴィン・エアーズのトリオでのアメリカ・ツアーの後、ワイアットがハリウッド(10月)とニューヨーク(11月)に居残って一人でスタジオ録音したもので、ワイアットはドラム&ヴォーカルの他、オルガンとエレピも演奏しています。後半は1969年春、エアーズが抜けてホッパーが加わったトリオでの演奏。その後の『Third』収録ヴァージョンとはだいぶ違っています。
そういうわけで本作はエアーズ脱退から『Fourth』へ向けての、ソフト・マシーンの試行錯誤の過程が伺えて興味深いです。ジャケ写真のぐるぐるは「ユビュ」のおなかのマークなので、ジャズ化しても「例外を支配する諸法則を究め、この世界を補足する世界を解明せんとする」(アルフレッド・ジャリ)「パタフィジック」精神は健在でした。

★★★★★