幻の猫たち 改訂版

まぼろしの猫を慕いて

『El Cansionero de Palacio 1474-1516』 Hespèrion XX/Jordi Savall

『El Cansionero de Palacio 1474-1516』
Hespèrion XX/Jordi Savall
Collection EL SIGLO DE ORO


CD: Astrée/Auvidis
E 8762 (1991)
Made in France

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210703121240p:plain


1. Francisco de la Torre: Danza Alta (instrumental) 2:03
2. Gabriel: Aquella mora garrida 3:48
3. Francisco de Peñalosa: Por las sierras de Madrid 4:15
4. Anonyme: Rodrigo Martínes 1:53
5. Gabriel: A sonbra de mis cabellos (instrumental) 0:58
6. Anonyme: Al alva venid 4:16
7. Anonyme: Tres morillas 3:21
8. Anonyme: ¿Qué me queréis, cavallero? 2:32
9. Román: O voy (instrumental) 2:20
10. Ponçe: Torre de la niña 2:30
11. Millán: Míos fueron, mi coraçón 3:15
12.Garcimuñoz: Pues bien, para ésta 3:12
13. Badajoz: O desdichado de mi (instrumental) 3:14
14. Anchieta: Dos ánades, madre 2:56
15. Gabriel: La bella malmaridada 5:41
16. Alonso: La tricotea 3:06
17. Juan Ponçe: Ave color vini clari (instrumental) 1:43
18. Anonyme: A los baños de amor 1:35
19. Anonyme: Harto de tanta porfía 7:05
20. Anonyme: Pase el agoa, ma Julieta 1:21
21. Anonyme: El cervel mi fa (instrumental) 1:37
22. Anonyme: Si d'amor pena sentís 5:45
23. Anonyme: ¡Ay, que non ay! 2:32
24. Juan del Enzina: Pues que jamás olvidaros 5:30

Durée totale 78:00


Hespèrion XX
direction: Jordi Savall

Montserrati Figueras: soprano
Maite Arruabarrena: mezzo-soprano
Laurence Bonnal: contralto
Luiz Alves da Silva: contreténor
Lambert Climent: ténor
Francesc Garrigosa: ténor
Jordi Ricart: baryton
Daniele Carnovich: basse

Jordi Savall: viole de gambe
Sergi Casademunt: viole de gambe
Eunice Brandao: viole de gambe
Imke David: viole de gambe
Lorenz Duftschmid: viole de gambe
Rolf Lislevand: vihuela et guitare
Andrew Lawrence-King: harpe
Jean-Pierre Canihac: cornet
Beatrice Delpierre: chalémie
Alfredo Bernardini: chalémie
Jean-Noel Catrice: dulciane et bombarde
Josep Borràs: dulciane et bombarde
Richard Cheetham: saqueboute
Daniel Lassalle: saqueboute
Bernard Fourtet: saqueboute
Pedro Estevan: percussion
Andreu Ubach: percussion


Enregistrement réalisé dans la Collégiale romane du Château de Cardona, Catalogne, en juin et juillet 1991 par les soins de Sonomaître
Prise de son, direction artistique et montage: François Eckert

Corproduction Astrée/Sociedad estatal para la ejecucion de programes del quinto centenario

Au recto: Marcuello: "Devocionario de la reina Juana la Loca", après 1482 Chantilly-Musée Condé.


◆本CD解説(Josep Maria Gregori)より(大意)◆

カトリック両王」(Catholic Monarchs)というのは、1469年、カタルーニャアラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ・レオン女王イサベラ1世の結婚にあたってローマ教皇アレクサンデル6世によって与えられた称号であるが、1479年のフアン2世の死によって二つの王国は正式に統合されるものの、組織的な一体化には至らなかった。1475~79年の王位継承戦争(1475~79年)が終結すると、グラナダ征服に向けて、民心をなだめるための政策が開始され、最高評議会と異端審問所の創設(1483年)、ユダヤ人(1492年)とムーア人(1502年)の追放などにより、言語的・文化的統一が図られた。「カトリック両王」のスペインは本質的にはイサベルのカスティーリャ(「新世界」が取り込まれた)であって、不在地主的なフェルナンドのカタルーニャアラゴンとは対照的であった。それら二つの王国の宮廷礼拝堂は、王室や尚書局同様、それぞれ独立していたが、1504年のイサベル逝去後に併合されて、その合唱隊は46人のスペイン人からなる旧世界で最も多人数のものとなった。
カトリック両王」時代のレパートリーは「el Cancionero Musical de la Colombina」「el Cancionero Musical de Segovia」「el Cancionero Musical de Barcelona」「el Cancionero Musical e Poético da Biblioteca Publia Hortensia」「el Cancionero de Palacio」収録曲から成り立っていたが、最後の「​カンシオネーロ・デ・パラシオ」は最も規模が大きく、代表的なものである。フアン・デル・エンシーナ(Juan del Enzina)が最多の72曲収録されていて、次がフランシスコ・ミラン(Francisco Millán)の23曲、ガブリエル(Gabriel de Texerana)の19曲。本CD#16の「アロンソ」(Alonso)は、イサベルの聖歌隊にいたアロンソ・デ・アルバをはじめ、たくさんいるアロンソのうちのどのアロンソかは定かでない。


◆本CDについて◆

CDのジュエルケースと同サイズのブックレットが三方背スリーブケースに入っているタイプです。
ブックレット(全48頁)に解説(「Music at the courts of Ferdinand II of Catalonia-Aragon and Isabel I of Castille: The Palacio Song Book」(Josep Maria Gregori)、「The Palacio Song Book」(Josep Romeu i Figueras)、原文はどちらもスペイン語で、仏・英・独訳併載)と歌詞(仏・英・独訳併載)。ブックレット裏表紙に写真図版(カラー)1点。
ジュエルケースにはブックレットの表紙・裏表紙と同じデザイン(左右トリミング)のカード(discogs から借りてきた上の画像――フェルディナンとイサベラ)が挿入されています

これはジョルディ・サバールのエスペリオンXXによる「スペイン黄金世紀」シリーズの第一弾で、この後、『El Cancionero de la Colombina 1451-1506』、『El Cancionero de Medinaceli 1535-1595』と続きます。

★★★★★

 

El Cancionero de Palacio

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com