Jacques Loussier Trio  『Satie: Gymnopédies - Gnossiennes』

Jacques Loussier Trio 
『Satie: Gymnopédies - Gnossiennes』 


CD: Telarc 
CD-83431 (1998) 
Made in Austria 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211112133643p:plain


1. Gymnopédie No. 1 / Var. 1  4:35 
2. Gymnopédie No. 1 / Var. 2  4:32 
3. Gnossienne No. 3  4:25 
4. Gnossienne No. 6  5:22 
5. Gnossienne No. 2  4:16 
6. Gymnopédie No. 1 / Var. 3  5:03 
7. Gnossienne No. 4  7:08 
8. Gnossienne No. 5  4:12 
9. Gymnopédie No. 1 / Var. 4  3:42 
10. Gnossienne No. 1  3:52 
11. Pas à pas  3:44 

Compositions of Jacques Loussier on Themes of Erik Satie 


Jacques Loussier: piano 
Benoit Dunoyer de Segonzac: bass 
André Arpino: drums 


Recorded October 4-12, 1997 at Studio Miraval, France 
Recording Producer: Jacques Loussier 
Recording Co-Producer: Elizabeth Note 
Executive Producer: Robert Woods 
Production Supervisor: Elaine Martone 

Cover Painting: Erich Lessing / Art Resource, New York, 
George Lemmen, "La plage a Heist," Musee d'Orsay, Paris 
Cover Design: Jim Burt, Burt & Burt Studio 
Art Director: Anilda Carrasquillo 

Total Playing Time  51:32


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全12頁)にトラックリスト&クレジット、Alyn Shiptonによる解説(英語原文/独・仏訳)。

ジャック・ルーシェ・トリオがサティの「ジムノペディ」と「グノシエンヌ」をジャズ・アレンジで演奏しています。趣味の良い、いわばアール・ヌーヴォー的な装飾的なサティ演奏になっています。ムード音楽的ではありますが、いろいろなアレンジで楽しめるのでよいです。#1ではウィンドチャイムを鳴らしていますが、「カマラータ・コンテンポラリー・チェンバー・グループ」も『星の息子』所収のジムノペディ独自アレンジ版でウィンドチャイムを鳴らしていました。ハービー・マン&ビル・エヴァンス・トリオはシンバルロールでした。#11「Pas à pas」(パザパ、一歩一歩)はジムノペディのテーマによるピアノ・ソロです。

★★★★★ 


Gymnopédie No. 1 / Var. 1