クレール・クロワザ  『フランス歌曲集』 

クレール・クロワザ 
『フランス歌曲集』 

Claire Croiza 
French Songs 
Recital 


CD: 東芝EMI株式会社 
TOCE-8572 (MONO) (1995年) 
2,800円(税込)(税抜価格2,718円) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211029191637p:plain


帯文: 

「不滅の巨匠達による
20世紀演奏史の原典」
「洗練の極み…名歌手クロワザの詩的なフランス歌曲の世界。」


クレール・クロワザ/フランス歌曲集 
CLAIRE CROIZA / FRENCH SONGS RECITAL 


ドビュッシー 
DEBUSSY 

1.ちまたに雨の降るごとく(ヴェルレーヌ) 2:37 
Il pleure dans mon coeur 
2.噴水(ボードレール) 4:34 
Le jet d'eau 
3.ジュヌヴィエーヴの手紙の場~歌劇「ペレアスとメリザンド」第1幕より(メーテルリンク) 3:36 
Lettre de Geneviève "PELLEAS ET MÉLISANDE" 


デュパルク 
DUPARC 

4.悲しき歌(ジャン・ラオール) 2:52 
Chanson Triste 
5.嘆き(テオフィル・ゴーティエ) 3:08 
Lamento 
6.旅への誘い(ボードレール) 3:45 
L'Invitation au Voyage 


ド・ブレヴィル 
DE BREVILLE 

7.乙女は語る(不明) 2:55 
Une jeune-fille parle 


セヴラック 
DE SEVERAC 

8.わたしの可愛い人形は眠ろうとしない(セヴラック) 2:44 
Ma poupée chérie 


ルーセル 
ROUSSEL 

9.光(不明) 作品19-1 3:15 
Light, Op. 19-1 
10.サラバンド(ルネ・シャリュ) 作品20-1 2:46 
Sarabande, Op. 20-1 
11.アンヴォカシオン 作品8-2 4:00 
Invocation, Op. 8-2 
12.夜のジャズ(ルーセル) 作品38 4:18 
Jazz dans la nuit, Op. 38 
13.さかれた恋人(不明) 作品12-2 2:00 
Amoureux séparés, Op. 12-2 


フォーレ 
FAURÉ 

14.夕暮れ(アルベール・サマン) 作品83-2 2:56 
Soir, Op. 83-2 
15.夢の後に(ロマン・ビュシーヌ) 作品7-1 2:21 
Après un rêve, Op. 7-1 


プーランク 
POULENC 

動物詩集(又はオルフェオのお供たち)(アポリネール)  
Le Bestiaire (ou Cortège d'Orphée) 
16.a. らくだ 1:02 
Le Dromadaire 
17.b. チベットの山羊 0:33 
La Chèvre du Thibet 
18.c. いなご 0:21 
La Sauterelle 
19.d. いるか 0:29 
Le Dauphin 
20.e. ざりがに 0:34 
L'Ecrevisse 
21.f. 鯉 0:54 
La Carpe 


オネゲル 
HONEGGER 

22.シレーヌの歌(不明) 1:16 
Chanson des Sirènes 
23.シレーヌの子守唄(不明) 1:19 
Berceuse de la Sirène 


クレール・クロワザ(メゾ・ソプラノ) 
Claire Croiza (Mezzo-Soprano) 
ジョージ・リーヴス(ピアノ)(#1,2,4,5,8,14,15) 
George Reeves (Piano) 
ジョルジュ・トゥリュック指揮管弦楽伴奏(#3) 
Orchestra accompaniment cond. by George Tryc 
フランシス・プーランク(ピアノ)(#6,16-21) 
Francis Poulenc (Piano) 
ピエール・ド・ブレヴィル(ピアノ)(#7) 
Pierre de Bréville (Piano) 
アルベール・ルーセル(ピアノ)(#9-13) 
Albert Roussel (Piano) 
アルテュールオネゲル(ピアノ)(#22,23) 
Arthur Honegger (Piano) 

Recorded : 1929頃 
Re-Mastering Tape 使用 

「この音源はディスクよりダビングしたもので、雑音等の目立つ箇所がありますが御了承下さい。」


◆本CD解説(石川登志夫)より◆ 

「クロワザ夫人は1882年パリに生まれた。我が国では、夫人がフランスの女性のように思われていたが、そうではない。母はイタリア人で、父はアイルランド人である。だからクロワザという名は芸名に過ぎず、本名はコネリーという。彼女はまずオペラ歌手として世に出た。」
1924年ごろから特に独唱会の形式によって、フランス歌曲を歌いはじめた。彼女が声量を失ったためともいうが、大ホールを避けて、小さくても聴衆と親しめるようなホールで歌うことが数多くなった。
 そのレパートリーはフランス歌曲、特に近代および現代の歌曲に重心をおいた。作曲家としてはドビュッシーフォーレ、デュパルク、ショーソン、キャプレ、ルーセルラヴェルが挙げられる。続いてシャブリエ、セヴラック、ダンディー、フロラン=シュミット、ブレヴィルがある。」
「教育者としては、はやくから個人教授によって多くの弟子を育てたが、1934年からはパリ音楽院の教授となり、このほかエコール・ノルマルの演奏講習会の講師として、コルトーやティボーと共に、受講者に歌曲の解釈と唱法を講義した。その弟子の中には、スゼー、ジャンゼンなどの有名歌手の名も見出される。」
「夫人の晩年は悲惨であったようだ。今次の大戦中、対独協力者だったという理由から、同じ態度をとったコルトーと同様に、フランス楽壇からボイコットされた。他界した年は1946年で、ひっそりと寂しい死だったと伝えられている。」


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全24頁)にトラックリスト&クレジット、石川登志夫による解説(1971・10/「GR-2221 より転載しました」)、歌詞対訳(鈴木信太郎/三浦潤/小松清/無記名/「[7][9][11][13][22][23]は歌詞不明のため省略させて頂きます。ご了承下さい。」)、「CLASSIC 21 入会のご案内」。

★★★★★ 


Le jet d'eau 


Le Bestiaire