『Pierre de la Rue: Messe L'homme armé - Requiem』 Ensemble Clément Janequin

『Pierre de la Rue: Messe L'homme armé - Requiem』
ピエール・ド・ラ=リュー 
ミサ「ロム・アルメ」/レクイエム 
Ensemble Clément Janequin
クレマン・ジャヌカン・アンサンブル 


CD: Harmonia Mundi France 
HMC 901206 (1989)
Made in W. Germany

発売元: 株式会社 ANF コーポレイション 
ANF-2135HMA (1990年) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210727215116p:plain


PIERRE DE LA RUE (vers 1460-1518)
ピエール・ド・ラ・リュー(1460?~1518) 

Missa "L'homme armé"
ミサ「ロム・アルメ」 
1. Kyrie 2:35
キリエ 
2. Gloria 5:15
グローリア 
3. Credo 7:14
クレド 
4. Sanctus 5:51
サンクトゥス 
5. Agnus Dei 5:16
アニュス・デイ 

Missa Pro Defunctis (Requiem)
死者のためのミサ曲(レクイエム) 
6. Introïtus 3:12
イントロイトゥス(入祭唱) 
7. Kyrie 2:07
キリエ 
8. Psalmus 3:07
ラクトゥス(詠唱、詩篇41) 
9. Offertorium 4:05
オッフェルトリウム(奉献唱)
10. Sanctus 3:23
サンクトゥス 
11. Agnus Dei 2:57
アニュス・デイ 
12. Communio 2:12
コンムニオ(聖体拝領唱) 

48'21


ENSEMBLE CLÉMENT JANEQUIN
クレマン・ジャヌカン・アンサンブル 
Dominique Visse, Pascal Bertin*: hautes-contre
ドミニク・ヴィス、パスカル・ベルタン(オート=コントル) 
Bruno Boterf, Josep Benet: ténors
ブリュノ・ボテール、ジョゼ・ベネ(テノール) 
Philippe Cantor, Josep Cabré, Bernard Deletré**: barytons
フィリップ・カントール、ジョゼ・カプレ、ベルナール・デルトレ(バリトン) 
Antoine Sicot, François Fauché: basses
アントワーヌ・シコ、フランソワ・フォシェ(バス) 
Yvon Repérant: orgue
イヴォン・ルペラン(オルガン) 
*Messe "L'homme armé"
**Requiem

Enregistrement novembre 1988
録音: 1988. 11/デジタル 
Prise de son et direction artistique Pere Casulleras
Traductions Almut Lenz, Derek Yeld
Illustration: Memling, Déploration du Christ (détail). Bruges, Hopital St-Jean


◆本CD別冊解説(今谷和徳)より◆

「ラ・リューは31曲のミサ曲を残しており、全作品中、ミサ曲の占める割合は非常に大きい。ほかに、27曲のモテトゥス、7曲のマニフィカト、1曲のラメンタツィオ、32曲のシャンソンなどを残している。
 さて、CDの最初に収められているのは、4声の〈ミサ・ロム・アルメ Missa L'homme armé〉だが、ラ・リューは、この題名によるミサ曲を2曲残しているとされている。2曲とも4声曲だが、そのうちの1つは、ラ・リュー作ではない可能性が強い。ここに収録された曲は、確実にラ・リューの作品とされている方で、1503年に、ヴェネツィアペトルッチが出版した〈ラ・リュー・ミサ曲集〉に含まれているものである。このミサ曲は、当時広く知られていた世俗歌曲〈戦士 L'homme armé〉の旋律を定旋律として使用しているため、この題名で呼ばれているが、世俗歌曲〈戦士〉の旋律は、15世紀中葉から17世紀初頭にかけて、多数の作曲家がミサ曲の素材として用いており、現在知られている限り、この旋律によるミサ曲は、少なくとも31曲は作られている。」
「〈レクイエム Requiem〉の名で呼ばれる〈死者のためのミサ曲 Missa pro defunctis〉は、ラ・リューの作品の中でも傑作の一つで、6つの写本によって伝えられている。多声で書かれた〈レクイエム〉のうち現存する最古のものは、オケゲムの作品だが、ラ・リューのこの曲は、多声の〈レクイエム〉の最も初期のものに属している。」


◆本CDについて◆ 

輸入盤に「別冊解説書」付。
原盤ブックレット(全12頁)に Jean-Pierre Ouvrard による解説(仏・英・独)、歌詞(ラテン語原文のみ)。
別冊解説書(全12頁)に「解説」(今谷和徳)、歌詞対訳(今谷和徳)。

★★★★★


Missa "L'Homme armé": Kyrie

youtu.be

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com