『サティ: ソクラテス/メデューサの罠』  デルヴォー指揮パリ管弦楽団/チッコリーニ指揮ラムルー管弦楽団員

『サティ: ソクラテスメデューサの罠』 
デルヴォー指揮パリ管弦楽団 
チッコリーニ指揮ラムルー管弦楽団員  

Erik Satie 
"Socrate" 
"Le piege de meduse" 

Orchestre de Paris 
cond. by Pierre Dervaux 
Members of the Lamoureux Concerts Orchestra 
cond. by Aldo Ciccolini 


CD: 東芝EMI株式会社 
フランス音楽のエスプリ・シリーズ 
CE32-5786 
税込定価3,008円(税抜価格2,920円) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20211030163039p:plain


サティ 
SATIE 


交響的劇作品「ソクラテス」(4人のソプラノと管弦楽のための) 
"SOCRATE" (Drame Symphonique en trois parties sur des dialogues de Platon traduits par Victor Cousin) 
1.ソクラテスの肖像 6:42 
2.イリソス河の岸辺 8:01 
3.ソクラテスの死 21:55 

ピエール・デルヴォー指揮 
パリ管弦楽団 
アルキビアデス: ダニエル・ミレ(メゾ・ソプラノ) 
ソクラテスアンドレア・ギオー(ソプラノ) 
パイドロスアンドレエ・エスポジト(ソプラノ) 
プァイドン: マディ・メスプレ(ソプラノ) 


4.「メデューサの罠」(サティの台本・作曲による1幕の喜劇) 25:40 
"LE PIEGE DE MEDUSE" (Baron Medusa's Trap) (Lyric Comedy in one act with text and music by Satie) 

アルド・チッコリーニ指揮 
ラムルー管弦楽団員 
メデューサ男爵: ピエール・ベルタン 
ポリカルプ: ユベール・デシャン 
アストルフォ: ジョセフ=マリー・ファルクッキ 
フリゼット: マリー・ローランス 

Recorded: 1971 


◆本CDについて◆ 

ブックレット(本文24頁)にトラックリスト&クレジット、「エリック・サティの音楽」(岡俊雄)、「デルヴォーについて」、「ソクラテス」歌詞対訳(浅沼圭司)/「エリック・サティの脱俗的な霊感」(ジェイムズ・リンゴ/訳: 三浦淳史)、「メデューサの罠」歌詞対訳(台詞聴き取り: 為永素子/訳: 湟野正満・ゆり子)。

デルヴォー指揮による「ソクラテス」と「メルキュール」を収めたLPと、チッコリーニ指揮&演奏による「メデューサの罠」その他を収めたLPからのコンピレーションCDです。

ソクラテス」の登場人物は男ばかりですが、それを演じる(歌う)のは全員女性です。「メデューサの罠」はギリシア神話のゴルゴン三姉妹のメドゥーサ(「女王」を意味する)かと思ったら、主人公は中年男性「メデューサ男爵」です(ここでは「méduse」は「くらげ」を意味します)。アセクシャルなサティにとってジェンダーとかはもうどうでもよかったのでしょう。

★★★★★ 


ソクラテスの肖像」