『ジョン・ウィルビー: マドリガル集』 コンソート・オブ・ミュージック/アントニー・ルーリー

『ジョン・ウィルビー: マドリガル集』
John Wilbye: Madrigals
コンソート・オブ・ミュージック/アントニー・ルーリー
Consort of Musicke/Anthony Rooley


CD: ポリドール株式会社 
POCL-3285 (1993年) 
¥2,500(税込)(税抜価格¥2,427) 

 

f:id:nekonomorinekotaro:20210802105441p:plain


ジョン・ウィルビー: マドリガル集 
John Wilbye (1574-1638): Madrigals

§ マドリガル集 第1巻(1598)より
First Set of Madrigals, 1598
1.第4曲: 泣け、私の目よ 1:59 
IV. Weep, O mine eyes (JC, AK, JM)
2.第10曲: 女よ、私は薔薇の芽生えを見る 2:16 
X. Lady, when I behold (JF, ET, AK, JM)
3.第11曲: 私のクロリスが晴れやかに語る 1:11 
XI. Thus saith my Cloris bright (EK, MN, JC, RW)
4.第12曲: さらば、優しいアマリリス 1:50 
XII. Adieu sweet Amarillis (EK, MN, JC, RW)
5.第13曲: 死ね、不運な男よ 1:57 
XIII. Die hapless man (JF, ET, JC, AK, JM)
6.第18曲: 女よ、お前の言葉は私を悩ます 1:39 
XVIII. Lady, your words do spite me (EK, PH, MN, AK, FS)
7.第19曲: ああ、何と惨めな命 1:45 
XIX. Alas, what a wretched life (PH, MN, JC, AK, RW)
8.第24曲: 女よ、私は薔薇の芽生えを見る 2:32 
XXIV. Lady, when I behold (EK, PH, MN, JC, AK, FS)
9.第25曲: 私の惨めな命をいつ死に譲ろうか 2:46 
XXV. When shall my wretched life? (EK, PH, MN, JC, AK, FS)
10.第26曲: かつて私は喜びと甘美な痛みを歌った 2:19 
XXVI. Of joys and pleasing pain (first part) (EK, PH, MN, JC, AK, FS)
11.第27曲: 私の咽喉は爛れ 2:17 
XXVII. My throat is sore (second part) (EK, PH, MN, JC, AK, FS)
12.第28曲: 恐るべき、見よ、私の悲しい最後を 2:37 
XXVIII. Cruel, behold my heavy ending (JF, ET, CC, JC, AK, JM)
13.第29曲: まだ若いと君はいい 1:44 
XXIX. Thou art but young thou sayest (JF, ET, CC, JC, AK, JM)
14.第30曲: なぜお前は射つのか 1:23 
XXX. Why dost thou shoot? (EK, PH, MN, JC, AK, FS)

§ マドリガル集 第2巻(1609)より 
Second Set of Madrigals, 1609
15.第17曲: 愛らしい蜜蜂よ 1:43 
XVII. Sweet honey sucking Bees (first part) (EK, PH, JC, AK, RW)
16.第18曲: 優しい人よ 2:19 
XVIII. Yet sweet, take heed (second part) (EK, PH, MN, AK, RW)
17.第25曲: 大いなる快楽に生き 2:17 
XXV. Ye that do live in pleasures (EK, PH, MN, AK, RW)
18.第27曲: あわれな男よ 2:30 
XXVII. O wretched man (JF, ET/4 viols)
19.第30曲: 嘆かずに、泣かずに 3:18 
XXX. Ah cannot sighs, nor tears? (EK, PH, MN, JC, AK, RW)
20.第31曲: 訪れよ甘い夜 4:37 
XXXI. Draw on, sweet night (EK/5 viols)
21.第32曲: 色男コリュドーンよ 2:31 
XXXII. Stay, Corydon, thou swain (EK, PH, MN, AK, JC, FS)
22.第33曲: そっと滴れ、わが目よ 3:10 
XXXIII. Softly, O softly drop, mine eyes (EK, PH/4 viols)


コンソート・オブ・ミュージック 
Consort of Musicke

エマ・カークビー(ソプラノ) 
Emma Kirkby (Soprano) - EK
ポピー・ホールディン(ソプラノ) 
Poppy Holden (Soprano) - PH
ジャクリーン・フォックス(ソプラノ) 
Jacqueline Fox (Mezzo-Soprano) - JF
イヴリン・タブ(ソプラノ) 
Evelyn Tubb (Mezzo-Soprano) - ET
メアリー・ニコルス(アルト) 
Mary Nichols (Alto) - MN
キャシー・キャス(アルト) 
Cathy Cass (Alto) - CC
ジョセフ・コーンウェル(テノール) 
Joseph Cornwell (Tenor) - JC
アンドリュー・キング(テノール) 
Andrew King (Tenor) - AK
ジョン・ミルン(バス) 
John Milne (Bass) - JM
フランシス・スティール(バス) 
Francis Steele (Bass) - FS
リチャード・ウィストレッチ(バス) 
Richard Wistrech (Bass) - RW
トレヴァー・ジョーンズ(トレブル・ヴィオール) 
Trevor Jones (Treble Viol)
アリソン・クラム(テノールヴィオール) 
Alison Crum (Tenor Viol)
ピーター・トレントテノールヴィオール) 
Peter Trent (Tenor Viol)
ピート・ストリッカーズ(バス・ヴィオール) 
Piet Stryckers (Bass Viol)
オリヴァー・ハーシュ(バス・ヴィオール) 
Oliver Hirsh (Bass Viol)

ディレクター: アントニー・ルーリー(リュート) 
directed by Anthony Rooley (Lute)

Recording
Producer: Peter Wadland
Engineer: John Pellowe
Location: Decca Studio/London
Date: 1978

Cover: 17th century tapestry (Courtesy of the Victoria & Albert Museum, London)


◆本CDについて◆ 

ブックレット(全20頁)に永田仁による解説(「イギリス・マドリガル隆盛の背景/ジョン・ウィルビーとそのマドリガル/アーティスト紹介」)、歌詞対訳(永田仁・訳)、図版(モノクロ)2点、写真図版(モノクロ)1点。

1978年録音、1982年にLPとしてリリースされました。

★★★★☆ 


O wretched man

youtu.be

 

「O wretched man, why lov'st thou earthly life,
Which nought enjoys but cares and endless trouble?
What pleasure here but breeds a world of grief?
What hour's ease that anguish doth not double?
No earthly joys but hav their discontents.
Then loathe that life which causeth such laments.」

「あわれな男よ、なぜこの世にこだわるのか 
そこには喜びがなく、果てしない煩いだけだ。 
楽しみは悲しみをもたらさぬか? 
休息の時は二重の苦痛ではないか? 
この世に喜びはなく、不快だけだ。
こんな哀嘆を惹き起こす生を嫌悪する。」
(永田仁・訳)


Draw on, sweet night 

youtu.be

 

「Draw on, sweet night, best friend unto those cares,
That do arise from painful melancholy;
My life so ill, through want of comfort, fares,
That unto thee I consecrate it wholly.

Sweet night, draw on. My griefs, when they be told
To shades and darkness, find some ease from paining,
And while thou all in silence dost enfold,
I then shall have best time for my complaining.」

「訪れよ甘い夜、心痛にとって最良の友、
それは憂鬱から起こる。
私の生は慰めを求めて病む、
そこで自分をお前に捧げよう。

甘い夜よ、訪れよ、私の悲しみが語られる時、
陰と闇に安らぎを見、
沈黙のうちにすべてを包む闇に、
それは私の嘆きのための最良の時となろう。」
(永田仁・訳)

 

 

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com

nekonomorinekotaro.hatenablog.com